ドコモ「ahamo」有償サポート1回3,300円を受けてまで利用する価値はあるのか?

ドコモは、格安新スマホプラン「ahamo(アハモ)」において、ドコモショップでの新規申し込み、料金プランの変更、機種変更、故障時などのサポート対応を、2021年4月22日から有償で受け付けると発表した。ただし、サポート料金は1回3,300円。果たしてこの有償サポートを受けてまで「ahamo」を利用する価値はあるのだろうか。結局、高くついたりすることはないのだろうか?

「ahamoフック」でアナログな高齢者も取り込んだ?

 2021年3月26日からサービスを開始したドコモの格安新スマホプラン「ahamo」。月20GB+1回5分かけ放題で月額2,970円(税込)という料金は、従来のドコモプランに比べる驚くほど安い。そのため、ahamoに事前エントリーした人は254万人もおり、一時、受付を停止するほどの人気ぶりであった。
 しかし、「ahamo」では「@docomo.ne.jp」のキャリアメールは利用できず、家族間無料通話も利用できないなど、従来のプランに比べるとかなりの制約がある。もちろん、ahamoは“デジタルネイティブの若者”をターゲットにしたネット専用プランなので、店頭や電話でのサポートは一切受けられない。申し込みから、MNP乗り換え手続き、機種変更時のスマホの設定、故障時の対応などもすべて自分で行うのが大前提となっている。それにも関わらず、ドコモでは高齢者にも“ahamoフック”という強引なキャッチセールスを行っていたと言われている。詳しくは→こちらで確認してほしいが、そのせいもあって、これまで、何かあればすぐにドコモショップに駆け込んでいたアナログな高齢者まで、ahamoに乗り換えてしまったようなのだ。

(Image:docomo.ne.jp)

ドコモが提供するahamoは、月20GB+1回5分かけ放題で月額2,970円と、従来のプランより驚くほど安い。だが、申し込みや機種変更などのサポートを店頭で受けることはできない

ドコモ「ahamo」有償サポート1回3,300円を受けてまで利用する価値はあるのか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoNTTドコモOCNモバイルONE格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。