悪いことじゃないのに、副業を内緒にする理由の2位はイメージが悪い、1位は?

働き方の多様化に伴い、近年徐々に増えつつあるのが副業。自身のスキルアップや年収増加といった良い影響も見込めるうえ、さらに最近では政府も積極的に副業を推奨している。コロナ禍によって少なからず給与面に影響が出てしまった働き手からしても、生活の助けになる手段だろう。
今回、そんな副業に対するアンケート調査が実施されその結果が公表された。アンケート結果から、世間が抱える副業のイメージについて見ていきたい。

副業はまだまだ少数派

現在で兼業や副業をしている人は10%弱(株式会社リクルートキャリア調べ)

 本業とは別に収入を得る、副業やダブルワーク。言葉自体はかなり浸透してきているものの、日本では副業禁止としている企業も多く、いまだ少数派の様子だ。そのため、副業していることを公にせず、本業の会社や家族にさえ明かさずに隠れて行っている人も。そんな人たちを対象に「副業が“バレた”理由」について、株式会社ビズヒッツがアンケート調査を行った。

 調査の回答者の世代を見てみると20~30代が70%近くを占めている。会社内の上層部に比べてまだ収入が少ない層であることから、多くは収入アップが目的だと考えられる。また、これからの出世や独立に備え、さまざまな知識やスキルを得ることを目的としている人もいるだろう。

悪いことじゃないのに、副業を内緒にする理由の2位はイメージが悪い、1位は?のページです。オトナライフは、【マネーサラリーマン副業】の最新ニュースをいち早くお届けします。