【Windows 10】ポートの開放方法や開放ができないときの対処方法まで解説

ポートとは、簡単にいうとインターネットを接続する際に必要なデータの送信・受信をするための扉の鍵のようなものだ。セキュリティ上なくてはならないものだが、ポートを開放しないとオンラインゲームなどが利用できない。そこで今回は、ポートの開放方法を解説していく。

【Windows 10】ポートの開放方法

先に述べたように、ポートとは、簡単にいうとインターネットを接続する際に、必要なデータの送信・受信をするための扉の鍵のようなものだ。このポート機能があるおかげで、外部からのアクセスを制限することができる。誰でも安易にデータの送信・受信ができる状態では、セキュリティ上危険だからだ。しかし、Windows 10などのパソコンで、オンラインゲームをする場合は、ポート開放をしないとゲームができない。ここからは、Windows 10でポート開放する方法について紹介する。

・設定を開き「ネットワークとインターネット」を選択する

Windows 10でポートの開放するためには、設定画面から行っていく必要がある。

<Windows 10の「設定画面」を開き、「ネットワークとインターネット」をクリックする

・「Windowsファイアウォール」を選択する

「ネットワークとインターネット」の画面が表示されるので、下の方にスクロールしよう。

「Windowsファイアウォール」をクリックする

・「詳細設定を選択」する

「ファイアウォールとネットワーク保護」の画面が表示されるので、「ファイアウォール通知の設定」の下を見てみよう。

「詳細設定」をクリックする

・「受信の規則」または「送信の規則」を選択し「新しい規則」をクリックする。

「セキュリティが強化されたWindows Defender ファイアウォール」の画面が表示される。

「受信の規則」または「送信の規則」を選択し、「新しい規則」をクリックする

・「ポート」を選択し「次へ」をクリックする

「新規の受信の規則ウィザード」の画面が表示される。

「ポート」を選択し、「次へ」をクリックする

・「TCP」を選択し「特定のローカルポート」を選択しポート番号を入力する

「ポロトコル」と「ポート」を指定していく。

「TCP」にチェックを入れ、「特定のローカルポート」を選択してポート番号を入力。入力できたら、「次へ」をクリックする

・「接続を許可する」を選択し「次へ」をクリックする

実行される操作を指定していく。

「接続を許可する」にチェックを入れ、「次へ」をクリックする

・規則が適用されるプロファイルを指定する

規則が適用されるプロファイルを指定する。前もってどのプロファイルを適用するのかを確認しておこう。

「ドメイン」・「プライベート」・「パブリック」の中から適用したいプロファイルを選択し、「次へ」をクリックする

・追加した規則に名前を設定する

設定した規則に名前を入力していく。ここでは、自分が分かりやすい名前に設定しておこう。

「追加した規則の名前」を入力し、「完了」クリックする。そうすれば、Windows 10のポート開放ができる

【Windows 10】ポートの開放方法や開放ができないときの対処方法まで解説のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10ポート開放】の最新ニュースをいち早くお届けします。