話題の「Chromebook」を実際に使ってわかった、Windowsノートより抜群にコスパがいい!

出張の多いビジネスパーソンなら、ノートパソコンは欠かせない。だが、Windowsノートは低価格だと性能が低くてイライラするし、高性能なものは10万円以上する。そこで注目したいのが、Googleの「Chromebook(クロームブック)」だ。もちろん、Windowsのように万能ではないが、昨年から低価格でも安くてサクサク動くと評判なので、気になっている人も多いのでは? そこで今回は、筆者が自腹で購入したChromebookがビジネスシーンで利用できるレベルなのかを検証してみたいと思う。

パッと見はWindowsとほぼ同じ! OSが違うだけ

 アナタはGoogleのChrome OSを搭載した「Chromebook(クロームブック)」をご存じだろうか? Windowsノートほど高性能でなくても軽いOSでサクサク動くと評判なので、気になっている人も多いだろう。果たして、ChromebookはWindowsノートの代わりに使えるのだろうか? そこで筆者は実際にChromebookを自腹で購入し、ビジネスシーンで使える代物なのか検証してみたいと思う。
 その前に、Chromebookとは何なのか基本を確認しておこう。まず、見た目は基本的にWindowsノートとまったく同じ。搭載されているOSがWindows 10ではなくGoogleのChrome OSになっているだけだ。そもそもChrome OSとは、AndroidスマホやWindowsパソコンでお馴染みのWebブラウザ「Chrome」をベースに開発されたもの。非常に軽いOSなので、CPUやメモリなどの性能が低くてもサクサク動作するため、本体価格を低く抑えられるのが特徴だ。用途がWebブラウザの閲覧や文章の作成程度なら十分使えそうなのである。その結果やいかに!?

(Image:dell.com)

両方ともBTOパソコンでおなじみの「Dell」のパソコンだが、左がChromebookで右がWindowsノートだ。外見からはその違いが分からないだろう

Windowsノートでは入門機レベルの性能でも、OSが軽いChromebookならサクサク動く。ただし、データ保存はクラウドがメインで、Wi-Fi接続がほぼ必須になることは覚えておきたい

話題の「Chromebook」を実際に使ってわかった、Windowsノートより抜群にコスパがいい!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスChrome OSChromebookGoogleGoogle Chrome】の最新ニュースをいち早くお届けします。