楽天モバイル+IIJmioのデータ専用「eSIM」のデュアルSIMなら月額440円で運用可能に!

月1GBまでなら電話がかけ放題で0円の楽天モバイル。でも、さすがに月1GBではWeb閲覧するのも厳しいだろう。もう少しデータ通信量が欲しいなら、IIJmioのデータ専用「eSIM」を利用してみてはいかがだろうか? 楽天モバイルの「nanoSIM」とIIJmioの「eSIM」で「DSDV(デュアルSIM)」運用すれば、なんと月額440円という驚くべき低価格で電話かけ放題スマホを運用できるのである!

そもそもIIJmioのデータ専用「eSIM」って何なの?

「楽天モバイル」は「Rakuten Link」という通話アプリを利用することで、無制限で無料通話することができる。もし、データ通信量を月1GBに抑えることができるなら、電話かけ放題のスマホをほぼタダで運用することも可能だ。もちろん、月1GB以下では満足にネット閲覧さえできないが、楽天モバイルは月3GBまでなら月額1,078円で運用できる。これでも十分安いと思うが、どうせならもっとデータ通信料を安くできないものか? そこで注目したいのが「IIJmio」のデータ専用「eSIM(イーシム)」である。
 IIJmioは格安SIMの最大手で、通常の音声SIMでも月2GBで月額858円、月4GBは月額1,078円と激安だが、データ専用の「eSIM」なら、月2GBで月額440円、月4GBで月額660円、月8GBでも月額1,100円と驚くべき低価格で提供されている。そもそも「eSIM」とは物理SIM(nanoSIMなど)と違い、スマホ本体に内蔵されたチップに契約情報を書き込むSIMのこと。もちろん、eSIMに対応したスマホでないと利用できないが、なかにはnanoSIM+eSIMの「DSDV(デュアルSIMデュアルVoLTE)」に対応するスマホもある。その場合は「楽天モバイル(電話かけ放題)」+「IIJmioのeSIMで月2GB」のデュアルSIM運用することで、なんと月額440円という激安スマホができあがるのだ!

(Image:network.mobile.rakuten.co.jp)

楽天モバイルは「Rakuten Link」という通話アプリを利用することで、無制限で電話がかけ放題になる

(Image:iijmio.jp)

IIJmioは音声SIMが月2GBで月額858円、月4GBで月額1,078円と安いが、データ専用SIMの「eSIM」なら月2GBで月額440円、月4GBで月額660円、月8GBでも月額1,100円と驚くべき低価格だ

「eSIM」とはスマホ本体に内蔵されたチップのこと。チップの契約データを書き換えることでスマホを利用できるようになる

こちらは実際にeSIMとnanoSIMの組み合わせでDSDVに設定したスマホ。アンテナが2本立っているのが確認できる。ちなみに、この写真は今回の提案とは逆で、格安SIMがnanoSIMで楽天モバイルがeSIMとなっている

楽天モバイル+IIJmioのデータ専用「eSIM」のデュアルSIMなら月額440円で運用可能に!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroideSIMIIJmionanoSIMデュアルSIM楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。