Web会議で困った社員ランキング、2位は「周囲がうるさい雑音マン」不名誉な1位は?

テレワークの普及で一気に使用頻度が増えたであろうWeb会議システム。「Zoom」や「Google Meet」などのサービスを使って、いつでもどこでも手軽に会議ができるなど、多くのメリットがありながらも、Web会議ならではの不便なことや困ったことももちろんあるはず。そんなWeb会議の際、周りがちょっと迷惑に感じている“困った社員”について調査が行われ、新しい働き方の胸の内が明らかに。自分のWeb会議のスタイルは、相手にとって迷惑になっていないだろうか?

テレワークに欠かせないWeb会議なのだが困った問題も

Web会議では、人数が増えるほどに問題やハプニングも起こりやすい

 働き方改革やコロナ禍の影響でテレワークを行っている社会人ならば、一度や二度でもWeb会議の経験があるのではないだろうか?実際、テレワークを導入した企業に勤めている人の中で「Web会議が増えた」との回答は9割近くに上る(株式会社内田洋行調べ/2020年7月時点)。
 Web会議は「どこでもできる」という性質もあり、家族がいるリビングや他人のいるシェアオフィスなどで行なったり、カメラの付いている私用のPCを使用して参加したりと、普段のオフィスとは違う様々な環境の中で行うことが多い。そのため、ハプニングや会議相手に対しての不満も起こりやすい。

 そんな経験をしている社会人に、株式会社クオリティアが「新しいコミュニケーションツール(Web会議システムやビジネスチャットなど)の利用によって職場に出現した“困った社員”」についてアンケート調査を実施。その内容は、環境上仕方のない出来事から「自分もやってしまっているかも…?」といった仕事への姿勢が見えるものまで様々な結果となったようだ。

Web会議で困った社員ランキング、2位は「周囲がうるさい雑音マン」不名誉な1位は?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogle MeetWeb会議Zoomテレワークランキング】の最新ニュースをいち早くお届けします。