Twitterで「電話番号」認証は回避できる? 身バレしない登録方法は?

Twitterを利用していると、電話番号認証を要求されることがある。しかし、電話番号を入力すると身バレするデメリットが伴うため、回避したいと考える人は多いのではないだろうか。そこで今回は、Twitterで「電話番号」認証を回避・身バレしない登録方法について解説していく。

Twitterで「電話番号」の認証を回避して登録できる?

(Image:Nopparat Khokthong / Shutterstock.com)

Twitterは誰でも利用することができ、自分の好きなことをつぶやくことができるSNSだ。そそして、Twitterはユーザー数も多く世界中で使われている。そんなTwitterでは電話番号認証が要求されることがあるのだ。ここでは、Twitterで電話番号認証を回避することができるのかを紹介していく。

・登録自体はできるが利用制限がかかる場合もある

Twitterに新規登録する際、メールアドレスの設定だけで登録自体はできるようになっている。しかし、アカウント登録時に電話番号を設定・登録しておかないと、デメリットとしてTwitterの利用自体に制限がかかってしまう。

・ロック解除に電話番号が必要になる

Twitterに新規登録後、アカウントがロックされてしまう場合がある。Twitterのアカウントがロックされてしまう原因は、電話番号を登録・設定していないことや、スパム判定を受けてしまうために起こる。スパム判定とはTwitterのルール上で判断するものである。そして、複数のアカウントを作成したり、大量にアカウントをフォローしたりすると、デメリットとしてスパムと判定されアカウントにロックがかかる。そして、Twitterのアカウントロックを解除するためには、デメリットとして電話番号認証が必要になるのだ。しかし、Twitterで電話番号認証を回避する方法は存在する。

Twitterで「電話番号」の認証を回避するメリット/デメリット

では、Twitterで電話番号認証を回避したとして、回避するメリット・デメリットについて紹介していく。Twitterで電話番号認証を回避する方法はあるが、メリット・デメリットについてよく考えてみよう。

・メリット

Twitterで電話番号認証を回避するメリットについて紹介していく。Twitterで電話番号認証を回避する一番のメリットは、身バレする危険性がないということだ。Twitterでは、自分がスマホに登録している電話番号を利用して、電話番号検索ができるようになっている。スマホに登録している電話番号からTwitterユーザーを検索でき、おすすめユーザーとしてTwitter上にアカウントが表示されるようになっている。よって、Twitterアカウントに電話番号を登録・設定していると、自分の電話番号を保有しているTwitterユーザーに身バレしてしまうのだ。Twitterの設定によっては、おすすめユーザーに表示させないこともできる。しかし、電話番号認証を回避した方が安全だと言える。

・デメリット

Twitterで電話番号認証を回避するデメリットについて紹介していく。Twitterで電話番号認証を回避する一番のデメリットは、アカウントのロック解除に時間がかかってしまうことだ。通常、アカウントロックを解除するには、電話番号認証を行うことですぐにロック解除ができる。しかし、電話番号認証をしない場合は、デメリットとして異議申し立てをしないとアカウントのロック解除はできない。異議申し立てでアカウントのロックを解除する場合は、数日かかってしまう。また、Twitterで電話番号認証を回避するデメリットは、不正ログインの危険性が高くなることだ。Twitterでは不正ログインを防ぐ手段として、二段階認証を取り入れている。二段階認証とは、メールアドレス・パスワードに加えて、登録している電話番号宛に送られた認証コードを入力してTwitterにログインする方法のことである。電話番号宛に送られた認証コードは、送られた本人しか知りえないため、安全にログインすることができる。二段階認証を登録・設定しておかないと、不正ログイン・アカウント乗っ取りの危険性が高くなるのだ。不正ログイン・アカウントを乗っ取られてしまうと、本人がログインできなくなってしまう。安全にTwitterを利用するためには、二段階認証を行った方がよいということだ。

Twitterで「電話番号」認証は回避できる? 身バレしない登録方法は?のページです。オトナライフは、【SNSTwitter身バレ】の最新ニュースをいち早くお届けします。