LINEのストレスを減らす「隠れ機能」【10選】知っているだけで快適になる使い方まとめ

日本では8,600万人が利用していると言われる国民的アプリの「LINE(ライン)」。家族や友だちだけでなく最近はビジネスシーンでも活用され、会社の上司や取引先ともLINEのメッセージでやり取りする場面も多くなっている。だが、相手によってはLINEでのやり取りがストレスになってしまう場合も多いはず……。そこで今回は、LINEの隠された機能をフル活用して快適に使うワザを使って紹介しよう。

LINEのストレスを解消する隠れ機能を厳選して紹介!

(Image:BigTunaOnline / Shutterstock.com)

 アナタは、一日のうち何度「LINE」を使っているだろうか? 「おはよう」の挨拶に始まり、友だちや家族との連絡、あるいは会社の同僚や上司との業務連絡もLINEで行っている場合もあるはずだ。だが、毎日のこうしたLINEのやり取りが結構なストレスになってしまっている人も多いだろう。もちろん、LINEには面倒に感じる相手の既読機能をごまかす機能もある。詳しくは→こちらを確認してほしいが、LINEにはそれ以外にもストレスを解消できる多彩な機能が備わっている。そこで今回は、メッセンジャーアプリとしてのLINEを、より快適に活用するための隠れ機能を筆者が厳選して紹介しよう。これでもっとLINEを快適に使いこなせるぞ! なお、今回はiPhoneを使って設定方法を紹介する。

【1】LINE交換用のQRコードを素早く表示するワザ

 LINE交換をするとき、慣れていないと面倒に感じるのがマイQRコードや読み取り画面の表示だ。通常はLINEを起動してホーム画面を開き、「+」アイコンを押して「QRコード」を選択するという4つのステップが必要になる。しかし、LINEの「短縮機能」を使えば、LINEアプリアイコンの長押しでQRコードの読み取り画面、またはマイQRコードを表示することができるのだ。不定期に訪れるLINE交換は短縮機能を使ってスマートに乗り切ろう!

短縮機能を使ってLINE交換用のQRコードを瞬時に表示するには、LINEアイコンを長押しして「QRコードリーダー」をタップ(左写真)。するとQRコードリーダーが開くが、この画面でマイQRコードも表示することができる(右写真)

【2】「LINE Out Free」で固定電話に無料電話するワザ

 LINEのメッセージでは音声通話も可能だが、これはLINEユーザー同士に限定されている。もし、固定電話やガラケーなどに電話したい場合は「LINE Out」を使えばいいが、こちらは有料サービスである。だが、実はLINEには固定電話に無料で通話できる「LINE Out Free」があるのをご存じだろうか? 「LINE Out Free」は広告を見ることを条件に、制限付きで無料電話を利用できるサービス。たとえばガラケーには1分間、固定電話には3分間無料通話することが可能となる。利用は1日5回までとなっているが、固定電話やガラケーに電話でちょっとした要件を伝えたい場合は、「LINE Out Free」を使ってみよう。

LINEの「ホーム画面」を開き、「サービス」覧の「もっと見る」を選択(左写真)。「サービス一覧」画面の「ライフスタイル」ジャンルにある「LINE Out Free」を押そう(右写真)

「LINE Out Free」の「通話」画面が開いたら、左上のアイコンをタップ(写真左)。電話番号を入力して受話器アイコンを押そう(右写真)

ポップアップが表示されるので「広告を見て無料通話」を押そう(左写真)。広告動画を見終わると電話の発信が始まるが、制限時間残り15秒でアラームが鳴り、時間をすぎると自動的に通話が切断される(右写真)

LINEのストレスを減らす「隠れ機能」【10選】知っているだけで快適になる使い方まとめのページです。オトナライフは、【SNSLINE】の最新ニュースをいち早くお届けします。