SNS複垢はもはや常識? 10代女性の3人に1人が「別垢」を持っていることが判明!

GoogleアカウントやLINE、Twitter、Amazon、楽天、各種のアカウント所持率に関する調査が行われた。そのなかで複数アカウントの所持者数について調べた結果、Googleアカウントが最も複数アカウントを持つユーザーが多いと判明。しかし割合で見れば、TwitterやインスタなどSNSユーザーほど複数アカウント所持者が目立つことが分かった。SNSの沼は深いということだろうか。

複数アカウント所有者が多いSNSサービス

増え続けるアカウントは管理し続けるのも一苦労だ

 NTTドコモのモバイル社会研究所が、2021年1月にICT(情報通信技術)サービスに関連の深いアカウントの所有状況について調査を行なった。対象となったサービスはGoogle、LINE、Yahoo! JAPAN、楽天、Amazon、Twitter、Apple、インスタグラムの8つだ。
 所有率はGoogleアカウントが最も高く、次にLINE、Yahoo! JAPANが続く結果となった。これらのアカウントは10代から70代までどの世代でも所有率が高く、メールやメッセージサービスなど連絡手段のひとつとしてアカウントを取得している状況がうかがえる。Twitter、インスタグラムなどのSNSアカウントは全体の所有数こそ少ないものの、若い世代ほど所有数が多い。とくに、15〜29歳の女性のSNSアカウントの所有率は抜きん出て高かった。
 1つのサービスの中で複数アカウントを所有しているかという問いには、TwitterとインスタグラムがトップのGoogleに並ぶの所有率の高さを見せている。Twitterにおいては4人に1人が複数アカウントを持っているというので驚きだ。

SNS複垢はもはや常識? 10代女性の3人に1人が「別垢」を持っていることが判明!のページです。オトナライフは、【SNSAmazonAppleGoogleInstagramLINETwitterYahoo!楽天】の最新ニュースをいち早くお届けします。