パソコンの起動が遅くてイライラ、Windows 10のストレスを解消する設定方法8選

買ったばかりのパソコンは電源を入れたらすぐに起動したのに、使っているうちにだんだん起動が遅くなっていく……。もし、Windowsパソコンの起動が遅くて毎日イライラしている人は、まず、Windows 10の設定を見直してみよう。それだけでWindows 10の起動が早くなるかもしれないのだ。そこで今回は、Windows 10の起動を早くする8つのポイントを紹介する。

Windows 10の設定を見直せば起動時間は短縮できる!

 ちょっとした仕事をしたいだけなのに、長年使っているWindowsパソコンの起動時間が長くてイライラしている人はいないだろうか? Windowsパソコンは使用するアプリの増加や扱うファイルサイズの肥大化などで、徐々に起動時間が遅くなってしまう。
 もちろん、高性能なCPUに交換したりメモリを増設したりすることで問題を解決することもできるが、パソコンのパーツ交換はお金がかかるし、ある程度はパソコンの知識やスキルも必要になってくる。そこでオススメしたいのがWindows 10の設定の見直しだ。もしかすると、お金をかけずにWindowsパソコンの起動時間が早くなるかもしれないぞ!

【設定1】OSが入っているCドライブの空き容量を増やす

 Windows 10は、OSがインストールされているドライブ(Cドライブ)を使って、一時的に作業をする場合がある。これはWindowsパソコンを起動するときも関係しているので、そのドライブの空き容量が極端に少ないと、何度も書き換え作業をするために起動時間も長くなってしまうのだ。まずは、Cドライブにインストールされている、不必要なアプリやゲームを削除して、空き容量を確保しておこう。

画面左下のスタート(Windowsマーク)をクリックし、「設定」を選ぶ(上写真)。設定画面のなかにある「アプリ」をクリックしよう(下写真)

「アプリと機能」というウインドウが開くので、その中から使わないアプリやゲームなどを選択し、「アンインストール」(削除)しよう。これでCドライブの空き容量が確保できる

【設定2】ディスククリーンアップでキャッシュを削除

 不要なファイルはアプリやゲームだけではない。「キャッシュ」と呼ばれる一時ファイルなどもCドライブを圧迫している可能性がある。キャッシュはWindowsのアップデートやインターネット閲覧のときに自動的に作られるもので、パソコンの内部作業で必要となるが、それが終われば不要になる。つまりキャッシュを削除することで空き容量を確保することができるのだ。普段から定期的にキャッシュを削除するようにしよう。

画面右下にあるWindowsの検索バー「ここに入力して検索」に「ディスククリーンアップ」と入力して、「開く」をクリックする

新しく開いたウインドウにあるチェックボックスすべてにチェックを入れ、「システムファイルのクリーンアップ」をクリックするだけでOK!

パソコンの起動が遅くてイライラ、Windows 10のストレスを解消する設定方法8選のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10】の最新ニュースをいち早くお届けします。