楽天ペイ・楽天ポイントカード・楽天ポイントクラブって何がどう違うの? いらないのはどれ?

楽天市場を中心に楽天ポイントで繋がっている「楽天経済圏」。アナタも楽天カードや楽天ペイの利用でどんどんポイントが貯まっていることだろう。でも、楽天には「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天ポイントクラブ(PointClub)」という、よくに似たアプリが3つもあって分かりにくい。果たしてどのアプリをどう使えばいいのだろうか? そこで今回は、「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天ポイントクラブ」の違いと使い方について解説する。

3つのアプリはメインの機能がそれぞれ違う

 楽天経済圏にどっぷり浸かっている人なら「楽天ペイ」アプリを活用していると思う。「楽天ペイ」は、楽天市場の買い物などで付与される期間限定ポイントを、コンビニなどの支払いで優先利用できるのでかなり便利だ。
 しかし、楽天にはほかにも様々なアプリが多数用意されておりややこしい。とくに「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天ポイントクラブ(PointClub)」の3つは、どれも楽天ポイントの残高を確認できるなどよく似た機能を持つアプリなのだ。もちろん、各アプリをじっくり比較して見れば、メインで利用する機能が異なっていることが分かる。そこで今回は「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天ポイントクラブ」、それぞれのアプリの違いを比較し、どのように使い分ければいいのか確認してみよう。

■類似する楽天3アプリの違いは?

【楽天ポイントカード】
■楽天ポイントを貯める&使うためのアプリ
→物理カードがなくてもスマホで代用できる
→お得なクーポンもあり

【楽天ペイ】
■お店での買い物で利用できるQRコード決済アプリ
→楽天ポイントカード機能もあり
→電子マネー「楽天キャッシュ」機能もあり
※友だちに送金することができる

【楽天ポイントクラブ】
■ポイントを管理&確認できるアプリ
→楽天ポイントカード機能の呼び出しも可能
→ポイント運用ができる(ビットコインも可)
→楽天リワードミッション(1日1pt獲得)
→楽天ポイントをEdyに交換できる

「楽天ポイントカード」はポイントを貯める&使うアプリ

 まず紹介したいのが「楽天ポイントカード」アプリ。ザックリ言うと「楽天ポイントカード」は街の買い物でポイントを貯めたり使ったりするためのスマホアプリ。そもそも楽天ポイントカードは、ポイントカード単体のほかクレジットカードの「楽天カード」に付帯している。だが、お店でわざわざ物理カードを財布から出さなくても、スマホで楽天ポイントカードアプリのバーコードを表示すれば、ポイントを貯められるのだ。もちろん、財布を忘れたときでも、対象店舗ならスマホの楽天ポイントカードアプリで支払うことも可能である。また、ポイント残高や履歴などを知りたいときも、この「楽天ポイントカード」アプリの「ポイント実績」から確認することができるのだ。

「楽天ポイントカード」アプリは、対応店舗でバーコードを読み取ってもらうことでポイントを貯めたり使ったりできる(左写真)。バーコード画面で「毎日チャレンジ」バナーをタップすると、ジャンケンゲームが楽しめる(右写真)

画面下のメニューで「ポイント実績」を選択すると、これまでの獲得ポイントなどを確認できる(左写真)。「クーポン」を選択すると、対応店舗での割引も受けられる(右写真)

「楽天ペイ」はスマホで買い物をするためのアプリ

 すでに利用している人も多いと思うが、「楽天ペイ」のメイン機能は「QRコード決済」である。楽天カードなどのクレジットカードを登録すれば、QRコード画面を見せるだけで簡単にお店で買い物ができる。詳しい使い方は→こちらで確認してほしい。
 楽天ペイは「楽天ポイントカード」機能や「楽天キャッシュ(電子マネー)」機能も備えている。たとえば、お店での買い物で「楽天ポイントカード」に切り替えて提示すれば、決済金額に応じたポイントを貯められるほか、楽天ポイントでの支払いも可能だ。また、電子マネーの「楽天キャッシュ」に切り替えて、銀行やクレカ、ラクマの売り上げ、ビットコインなどの暗号化資産などで残高チャージすると、手軽に友だちや家族に送金することも可能となっている。

楽天ペイの支払い画面。ポイントを貯めるときは画面右上にある「ポイントカード」をタップすれば(左写真)、楽天ポイントカードのバーコードが表示される(右写真)

楽天キャッシュは画面右上の「+チャージ」から残高をチャージできる。残高は画面下の「楽天キャッシュを送る」をタップすることで(左写真)、友だちなどに送金することができるのだ(右写真)

「楽天ポイントクラブ」はポイントを管理&確認できるアプリ

「楽天ポイントカード」と「楽天ペイ」の違いは、比較的分かりやすいが、少しややこしいのが「楽天ポイントクラブ(PointClub)」であろう。基本的には楽天ポイントを管理するためのアプリだが、「楽天ポイントカード」とはいったいどこが違うのだろうか?
 楽天ポイントクラブは楽天ポイントカードのバーコード表示機能もあるが、どちらかと言えばポイントの確認用としての側面が強い。それなら、楽天ポイントクラブは不要だと思うかもしれないが、このアプリには、1日1回アプリを起動するだけで1pt貯まる仕組み(楽天リワード)があったり、楽天ポイントをEdyに交換できる機能もある。そして、楽天ポイントで投資できる「楽天ポイント運用」が利用できるのが大きな違いとなっている(現在はビットコインも可)。この楽天ポイント運用は、楽天の買い物で貯まったポイントを気軽に投資信託のように運用して増やせるというものだ。楽天ポイント運用については→こちらの記事で解説しているので、興味のある人はぜひチェックしてほしい。

楽天ポイントクラブはアプリを起動すると、画面下に「ポイントを獲得する」と表示される(左写真)。ここをタップするだけで毎日1ptを獲得できる(右写真)

楽天ポイントクラブでは、画面右上から楽天ポイントカードを呼び出すことができるが、「運用中ポイント」をタップすると(左写真)、楽天ポイントを使った投資体験も可能となっている(右写真)

外してもいいのは楽天ポイントカードアプリ!

「楽天ペイ」「楽天ポイントカード」「楽天ポイントクラブ」それぞれのアプリ機能を表にしてみると分かるが、すべての機能をカバーしているアプリは存在しない。とはいえ、「楽天ペイ」はQRコード決済アプリで楽天ポイントカード機能も備えているし、「楽天ポイントクラブ」もポイント運用や、毎日ポイントが1ptもらえる楽天リワードといった独自機能がある。したがって、どうしても、どれかひとつ外したいのであれば、やはり他アプリでほぼ機能をカバーできてしまう「楽天ポイントカード」ということになるだろう。

●楽天ペイ(公式)は→こちら
●楽天ポイントカード(Android)は→こちら
●楽天ポイントカード(iPhone)は→こちら
●楽天ポイントクラブ (Android)は→こちら
●楽天ポイントクラブ(iPhone)は→こちら

文=藤原博文/編集・ライター

楽天ペイ・楽天ポイントカード・楽天ポイントクラブって何がどう違うの? いらないのはどれ?のページです。オトナライフは、【マネー楽天楽天PointClub楽天ペイ楽天ポイントカード】の最新ニュースをいち早くお届けします。