パソコン出荷台数が過去最高の1,728.3万台! Chromebookが大きく伸びたことが要因に

GIGAスクール需要終了、テレワーク需要が落ち着きを見せる2021年度は……

総務省の調査では、テレワーク人口は増えてはいるものの、普及率は全体の20%程度

 法人市場全体を見ると1,246.2万台の前年度比13.6%増とのびているが、GIGAスクール需要を除くと約750万台。これは2019年度を32%下回る結果で、成長に翳りを見せている。個人向け市場では出荷台数は482.1万台で前年度比11.3%増と2年連続の増加となった。コロナ禍の影響で在宅勤務・在宅学習がすすみ、パソコンの買い替えや買い増し需要が増加したことが要因と見られている。
 過去最高を記録した2020年度とはうってかわり、2021年度の市場は大きく縮小するだろう。調査では過去最大の減少率である前年度比30.7%減の1,198万台を見込んでいる。内訳を見ると、個人市場がほぼ横ばいだが、法人需要が減少すると予測。小中学校に続き、高校でも配備が期待されている高校版GIGAスクールは、政府が一律に一人1台化の予算を計画しておらず、財源不足に悩む自治体は私物スマホの活用など方針を多様化させているため、GIGAスクール特需は見込めない。また、在宅勤務を推進する法人は首都圏の大企業限定であり全国でみると普及していないことや、世界的な半導体の供給不足の影響がパソコン部品にも及ぶことで、パソコン市場は大きく落ち込むと推測されている。

 いちユーザーとしては、出荷台数が減ることでパソコン価格が上がってしまうのだけは避けてほしいものだ。

参考元:「XP」更新需要の13年度を抜く過去最高の1728.3万台【 株式会社MM総研

※サムネイル画像(Image:CC Photo Labs / Shutterstock.com

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

パソコン出荷台数が過去最高の1,728.3万台! Chromebookが大きく伸びたことが要因にのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスDELLGoogle ChromeNECレノボパソコン日本HP】の最新ニュースをいち早くお届けします。