【2021】転職人気企業ランキング、3位はソニー、2位はグーグル、1位はあの会社?

新しい生活様式が企業の業績を左右し、ランキングにも影響が

(Image:sirikorn thamniyom / Shutterstock.com)

過去最高の営業利益をたたき出した1位トヨタ自動車は、脱炭素に向け水素エンジン車の開発に力を入れている

 新型コロナウイルス感染症によって人々の消費行動が変わり、企業業績の明暗が分かれた。このことは、今回のランキング結果にも反映され、巣ごもり需要からゲーム「あつまれ どうぶつの森」などの売り上げが好調な「任天堂」は、前年15位から順位を上げて7位にランクイン。トップ10入りを果たした。職種別ランキングでも同社は10職種のうち7職種でトップ20にランクインしており、職種を問わずさまざまな層から支持を集めた。
 さらに空調機器メーカーの「ダイキン工業」が前年191位から93位に大きく順位をアップさせたほか、動画配信プラットフォーム運営の「YouTube」(166位)、キャンプ用品メーカーの「スノーピーク」(172位)など、消費スタイルの変化によって人気を得た商品やサービスを提供する企業が300位内に顔を見せた。

 さらに新型コロナウイルスの感染防止対策のため、都心部を中心にテレワークが導入され、働き方改革が一気に進んだが、同時に、働くことの意味や価値観をあらためて考えるきっかけにつながった。今回の調査で「新型コロナウイルスの感染拡大を機に、転職したい(働いてみたい)企業を選ぶ理由は変化したか?」と聞いたところ、「大きく変わった」または「どちらかといえば変わった」を選択した人が全体で約31%いた。年代別(20代・30代・40代以上)では、「変わった」と答えたのは20代が最も多く約38%。男女別では女性のほうが多かった。子育てなどを踏まえるとテレワークといった多様な勤務体制が導入されている企業で働きたいと女性のほうがより強く思うのではないだろうか。

出典元:社会人が選ぶ“働きたい企業”第1位は?転職⼈気企業ランキング2021<総合>【転職・求人doda

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【2021】転職人気企業ランキング、3位はソニー、2位はグーグル、1位はあの会社?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスAmazonAppleGoogleソニートヨタ自動車パナソニックランキング任天堂楽天転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。