Instagramタイムラインの謎、ついに解明!? 公式が表示基準を公開

2019年時点で国内月間アクティブアカウント数が3,300万を突破しているInstagram。読者の方々の中にも日々利用している人も少なくないだろう。そんなInstagramが6月8日、「どのようなシステムでそれぞれのユーザーに対し表示される画像を決定しているのか」というアルゴリズムを解説しているのだ。今回は、あなたのタイムラインに流れてくる画像がどのように選択されているのかをお伝えしていきたい。

Instagramのタイムラインに表示される画像の表示基準が判明

(Image:wichayada suwanachun / Shutterstock.com)

iOSアプリの個人情報収集量ランキングで同率1位になったInstagram。ほか同率のアプリは、Facebook、MessengerというすべてFacebook傘下のサービスだった

 Instagramが公式に発表したところによると、「フィード」と「ストーリーズ」、「検索」と「発見」、「リール」ではそれぞれ別の表示基準を持つアルゴリズムが利用されているという。

 Instagramのメイン機能でもあるフィード・ストーリーズでは、複数のステップに分けてランク付けが実行されている。第一段階として「ユーザーがフォローしているユーザーのコンテンツ」かどうかが判定され、基本的にはフォローしているユーザーのコンテンツが表示されることになる。
 この足切りを済ませたのちに、「投稿された時刻」「ユーザーが写真を好むか動画を好むか」「動画を好む頻度はどの程度か」といった様々な角度から取捨選択を実行。投稿の人気ぶりなど「投稿に関する情報」→ユーザーがその相手に対する関心の高さを測定する「投稿者情報」→ユーザーの好みを把握する「ユーザー情報」→相手の投稿にどれだけ関心を持っているか「ユーザーの過去のやり取り履歴」といった内容でランク付けを行い、表示内容が決定されるのだ。つまり、ユーザーの好みそうな投稿の方向性を分析し、いいね!など反応したくなるものを選りすぐって並べているのだ。ユーザーからすればタイムラインを眺めているだけで興味のある投稿が並ぶため非常に利用しやすくなると言えるだろう。

Instagramタイムラインの謎、ついに解明!? 公式が表示基準を公開のページです。オトナライフは、【SNSInstagramSNS】の最新ニュースをいち早くお届けします。