固定資産税はスマホでキャッシュレス決済が一番お得!実際の納付方法を写真付きで解説

東京都の場合、毎年6月になると家やマンションを所有している人宛てに固定資産税の納付通知書が届く。そのまま銀行やコンビニで現金払いしてもいいが、現在はスマホ決済やクレカ決済することが可能となっており、条件によってはポイント還元で得することもある。そこで今回は、筆者が実際に東京都の固定資産税をスマホを使ってクレカ決済した手順を紹介しよう。

キャッシュレス決済なら固定資産税でポイントをゲットできる!


 アナタは、家やマンションの固定資産税の支払いを現金で支払っていないだろうか? 現金払いは、わざわざ銀行やコンビニに行かないといけないし、ポイントももらえないので大損だ。その点、キャッシュレス決済なら、自宅にいながら簡単にスマホで納付できるし、ポイント還元も受けられて得する場合もある。実は、昨年、筆者は初めて東京都の固定資産税をキャッシュレス決済にしたが、不慣れなせいで意外と苦労してしまった。その顛末は→こちらで確認できるが、あれから1年、現在では東京都の税金に対応するスマホ決済サービスも増えており、より利用しやすくなっている。最新のキャッシュレス決済対応状況について→こちらで確認してほしい。

 さて、実際に東京都の固定資産税をキャッシュレスで納付する前に確認しておきたいことがある。まず、スマホ決済やクレカ決済は、納付できる上限額が決まっていること。そして、クレカ決済の場合は決済手数料が1万円ごとに80円(税込)かかってしまうことだ。また、納税証明書の発行には1週間〜10日ほどかかってしまうほか、キャッシュレス決済の場合は領収書が発行されないことである。これらの注意点をよく理解したうえで、固定資産税のキャッシュレス決済にチャレンジしてもらいたい。

都税の納付方法と注意点をまとめてみた。キャッシュレス決済は領収書がもらえないこと。納付金額の上限が30万円(au PAYは25万円)までなので注意しよう

固定資産税はスマホでキャッシュレス決済が一番お得!実際の納付方法を写真付きで解説のページです。オトナライフは、【マネーLINE payVisa LINE Payキャッシュレスクレカ固定資産税都税】の最新ニュースをいち早くお届けします。