【Twitter】「返信と@ツイート」の違いやそれそれの方法ついて解説!

Twitterでは他のユーザーのツイートに対してリプライして返信することと、返信の他に@ツイートを送ることができる。この記事では、返信と@ツイートの違いやそれぞれの方法、返信や@ツイートをする時の注意点などについて詳しく解説する。

【Twitter】「返信/@ツイート」について

(Image:Daniel Krason / Shutterstock.com)

 Twitterでは、他のユーザーに対してダイレクトメッセージでコミュニケーションをとる方法だけではなく、ツイートに対する返信や、特定のユーザーに対して@ツイートを送ることでも会話できる。返信や@ツイートはタイムラインで公開されるが、ダイレクトメッセージとは違うやりとりができるので、ぜひ使いこなしていこう。

 Twitter の返信と@ツイートの違いについてよく分かっていない人や、返信と@ツイートの方法がいまいち理解できていないユーザーもいるようである。まずは、Twitterの返信やリプライと@ツイートの詳細とはどのようなものなのか解説する。

・返信とは

 Twitterの返信もしくはリプライとは、他のユーザーのつぶやきに対して反応する方法である。他のユーザーのツイートに表示されている返信のボタンを押して、メッセージを送信することで、そのツイートに対してのリプライを送れる。

 Twitterで送った返信は、返信した先のツイートへの返信として表示される。また、返信を送ったユーザーのタイムラインにもツイートとして表示される。

・@ツイートとは

 Twitterの@ツイートとは、特定のユーザーに対して送信するツイートのことである。返信と違いをよく理解していない人も多いようだが、返信とは違い@ツイートは特定のツイートへの反応ではない。特定のユーザーに向けて送るツイートである。

 Twitterのユーザー名の先頭に「@(アットマーク)」を付けると送信できることから「@ツイート」と言われる。

 @ツイートは返信とは違い、送信先のユーザーのタイムラインには表示されない。送信された相手が@ツイートを送られたことに気がつくのは、通知が送られるためである。

 そのために自分以外のユーザーに送られた@ツイートをタイムラインから探すことは難しい。しかし、「@」の後にユーザー名を入力して検索すると、@ツイートを含んだツイートが検索結果に表示される。検索で@ツイートを探すことができる。

【Twitter】「返信と@ツイート」の違いやそれそれの方法ついて解説!のページです。オトナライフは、【SNS@ツイートTwitterリプライ】の最新ニュースをいち早くお届けします。