「ググる」はもはや化石級!? インスタで新常識の「〇〇る」が話題!

Googleで検索をかけることを意味する“ググる”。どうやらこの言葉が、二世代前の言葉となりつつあるようだ。近年、若者がショッピングや飲食店探しなどの消費行動をする際、ググるよりもインスタグラムの「#(ハッシュタグ)」で検索する“タグる”が主流になっていることをご存知の読者もいるだろう。

インスタをはじめとするSNSには、一般ユーザーの率直な感想が記されており、ググるよりも早くかつ生の声にたどり着けるようになっている。そのため、メーカーや商業施設側も、タグるという消費行動に合わせて、ハッシュタグを活用した宣伝を行っていることが多い。しかし、最近ではこのタグるすら古い消費行動になっているという。タグるが古ければググるはもはや化石だ。一体、インスタユーザーたちはどんな消費行動を行っているのだろうか。

Z世代が“タグる”よりも使っているのは“タブる”!?

過半数のユーザーが暇つぶしで見ている発見タブって何?(Radix調べ)

 株式会社Radixが3アカウント合計20万人のフォロワーを対象に行った調査によると、Z世代がハッシュタグ検索以上に利用している場所は「発見タブ」だったという。発見タブとは、ユーザーにカスタマイズされたおすすめ機能が搭載されている検索待機画面のこと。虫眼鏡マークをタップして検索画面にアクセスすると、検索バーの下に様々な投稿がずらっと表示される仕組みになっている。

 同調査によると、「Instagramをどんな時に利用しますか?」という質問に対し、過半数を大きく超える62.8%のユーザーが「暇な時」と回答。続けて「暇つぶしでInstagramを触る時、どこを見ますか?」という質問に対しては、なんと54.2%ものユーザーが「発見タブを見る」と回答したのだ。

「ググる」はもはや化石級!? インスタで新常識の「〇〇る」が話題!のページです。オトナライフは、【SNSInstagramSNSググるタグる】の最新ニュースをいち早くお届けします。