ahamo、povo、LINEMOより安い、今さら聞けない「格安SIM」のキホンを解説!!

ahamo、povo、LINEMOといった大手キャリアの格安プランはデータ使用量が月20GBで月額3,000円程度とかなりお得だ。でも、なかには月20GBもいらないという人も多いだろう。そんなときは「格安SIM」に注目してほしい。格安SIMなら月1GBで月額770円、月3GBでも月額792円といった驚きの低価格プランも用意されている。「でも、格安SIMって馴染みのない会社ばかりで不安……」という人もいるはずだ。そこで今回は、格安SIMのキホンを解説し、アナタの漠然とした不安を解消しよう。きっと目鱗だぞ!

「格安SIM」は大手の回線を借りてSIMカードを安く提供!

 大手キャリアの格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」は月20GBで月額3,000円程度のお得なプラン。しかし、メールやWebサイトの閲覧がメインで、YouTube動画などを毎日観たりしないなら、月20GBはやや過剰なプランと言える。そこでオススメしたいのが「格安SIM」だ。格安SIMなら、月10GB以下でもっと低価格なプランを選ぶことができるぞ。

 ところで「格安SIM」とはいったい何であろうか? 格安SIMの“SIM”とは「SIMカード」のこと。これはスマホの電話番号などが記録されたICチップのことで、スマホ本体にさせば電話ができるし、回線を指定(APN設定)することでネットに接続できる。APN設定については→こちらを参考にしてほしい。つまり、格安SIMとは、“利用料金が大手キャリアより安いSIMカード”のことである。

 この格安SIMを提供している会社は「MVNO(仮想移動体通信事業者)」と呼ばれており、大手キャリア(携帯電話会社・MNO)3社のから回線を借りて、格安SIMを提供している。具体的にはNTTドコモ系の「OCN モバイル ONE」やソニー系の「nuroモバイル(ニューロモバイル)」を初め、最大手のIIJmio(アイアイジェイミオ)やmineo(マイネオ)、イオンモバイルなどが数百社も存在するのだ。

ドコモの「ahamo」は月20GB+1回5分かけ放題込で月額2,970円。auの「povo」とソフトバンクの「LINEMO」は、月20GBで月額2,728円。ただし、1回5分かけ放題は月額550円のオプションだ

大手キャリア(MNO)の回線を借りて、独自に格安プランを提供するのが「格安SIM(MVNO)」。月1GB〜20GBまで幅広いプランをチョイスできるのが特徴だ

ahamo、povo、LINEMOより安い、今さら聞けない「格安SIM」のキホンを解説!!のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoIIJmioLINEMOmineonuroモバイルOCNモバイルONEpovo格安SIM】の最新ニュースをいち早くお届けします。