【LINE】アルバムを作れない・見れないときの原因と対処法!

LINEでトークルームにアルバムを作成しようと思っても、作れないことがある。また作成したはずのアルバムが見れないこともある。この記事では、LINEでアルバムを作成できないときや見れないときの原因と対処法について詳しく解説する。

【LINE】アルバムを作れない/見れないときの対処法【原因別】

(Image:Nopparat Khokthong / Shutterstock.com)

 LINEにはトークルームにアルバムを作成して、メンバーで写真を共有できる機能がある。しかし、何らかの原因で、LINEでアルバムが作成できないことがある。またアルバムを見ることができないこともある。

 この記事では、LINEでアルバムの作成ができないときや、見ることができないときの原因と対処法を、作成や閲覧ができない理由ごとに解説する。

【原因①】複数人トークでアルバム機能を使おうとしている

 LINEでアルバムを作れない原因が、複数人トークにアルバムを作成しようとしているためである場合がある。個人ユーザーが作成できるLINEのトークルームの種類は、1対1トーク、グループトーク、複数人トークの3種類がある。1対1トークとグループトークでは、アルバムを作成できるが、複数人トークではアルバムを作成でいない。

 グループトークと複数人トークは、どちらも複数のメンバーがLINE上で会話をするためのトークルームなので違いがよくわからないという声もあるが、作り方などが全く違う。

 グループトークとはメンバーを招待する前にグループを作り、グループにメンバーを招待して追加するトークルームである。一方の複数人トークとは、1対1トークのルームにほかの友達を招待して会話をするものである。

 雑談が目的のグループトークもあるが、何らかの目的をもって作成されることが多い。一方の複数人トークは特に目的がなくても、通常の会話の中にほかのメンバーが入ってくるような感じである。

 複数人トークでは、1対1トークやグループトークで利用できる機能が使えないことがあり、アルバム機能もその一つである。この場合の対処法としては、複数人でのトークでもアルバムを利用したい場合には、別にグループトークを作成してアルバム作成機能を利用した方がいいだろう。

【原因②】友だちをブロックしている

 ブロックした友だちとのトークルームではアルバム機能を使えなくなる。ブロックした友だちとのトークで新しいアルバムを作成しようとする人はいないだろうが、アルバムを見たり、アルバムや写真を削除したいと考えたりする場合もあるだろう。

 相手をブロックしてしまうと、このように作成済みのアルバムも表示が薄くなり、中の写真は見れないようになる。

相手をブロックするとアルバムが見れない

 自分のLINEからはアルバムが一切見れないということは、アルバムの中の写真やアルバム自体を削除することもできなくなる。LINEではブロックしても相手には通知されないので、写真やアルバムを削除しなければ、相手からはずっと見れる状態のままである。

 写真やアルバムを削除したい場合には、ブロックする前にアルバムの中を整理してからブロックしよう。すでにブロックしてしまった場合には、ブロックをいったん解除して、アルバムの中を整理してから再度ブロックしよう。

【原因③】動画を追加しようとしている

 動画をLINEのアルバムに追加しようとしても、LINEのアルバムには動画は追加できない。GoogleフォトやiCloud写真など、クラウド型の写真アルバムには動画をアップできるものも多い。しかし、LINEのアルバムには動画をアップできる機能はない。

 もしも、LINEでアルバムと同じような機能で動画を保存して相手と共有したければ、アルバムの代わりにノートを使おう。

LINEに動画を保存したければアルバムの代わりにノートを使おう

 ノートを使う対処法であれば、動画も投稿して保存できる。

【原因④】投稿数の上限を超えている

 LINEでアルバムの作成数の上限を超えていることが、LINEでアルバムを作成できない原因であることもある。LINEでは、アルバムの作成数は1つのトークルームにつき100個まで、1つのアルバムへアップできる写真の枚数は1,000枚までと上限数が決まっている。この、アルバム作成数と1つのアルバムへアップできる写真の枚数の上限を超えることはできない。

 今まで、LINEでアルバムの作成ができていたのに、突然作成できない状態になった場合には、アルバム数が上限の100個に達していないか確認してみよう。

 アルバムの数が上限数に達してしまい、さらに追加したい場合にはどのような対処法をとればいいのだろうか。その場合には、不要なアルバムを削除するか、グループトークを別に新しく作成して、そちらで新しいアルバムを作成する対処法がオススメだ。

 LINEでは、アルバム数の上限はあってもユーザー1人当たりのグループトークへの参加数への上限は定められていない。

【原因⑤】写真の容量が大きい

 写真の容量が大きすぎて、うまく送れないことが、LINEでアルバムを作成できない原因の場合もある。LINEでは写真を送信するとサイズが圧縮されるので、基本的にどのようなサイズの写真でも問題なく送ることはできる。

 しかし、写真の容量に関するLINEアプリの制限はなくても、通信環境などの制限によって、容量の大きな写真を送れないことがある。

 LINEでは写真を送信するときに、高画質と低画質を選択できる。高画質設定で送れない場合には、通信環境の問題を考えたほうがいいだろう。

 写真の容量が大きすぎる場合には、低画質設定で再度送信してみよう。LINEのホーム画面から画面の右上の歯車マークをタップして、LINEの設定を開こう。

LINEの設定から「写真と動画」をタップする

「送信する写真の画質」をタップする

「高画質」になっていたら「標準」もしくは「低画質」を選択する

 写真の画質を落とした状態で送信できれば問題ないだろう。

【原因⑥】写真にアクセス権限が設定されている

 LINEにアルバムを作成するときにアルバムにアップしたい写真にアクセス権が設定されていることが、アルバムの作成ができない、写真を選ぶことができない原因のこともある。iPhoneやAndroidの標準カメラで撮影した写真でも、写真へのアクセス権の設定によっては、LINEのアルバムへのアップができないことがある。

 また、標準カメラ以外のカメラアプリや、画像加工アプリを使って保存した場合には、そのアプリ以外のアプリからの写真のアクセス権を制限することがある。その場合には、LINEのアルバムに写真をアップできないという不具合の原因になる。

 その場合の対処法は、LINEへのアクセス権を変更することである。

 Androidでの対処法は「設定」アプリからアクセス権を変更する。

Androidの「設定」アプリを開き「アプリ」>「LINE」と進む

「権限」をタップする

「カメラ」と「ストレージ」へのアクセス権限をオンにする

 iPhoneの場合の対処法は次のとおりである。「設定」アプリを開く。

プライバシーをタップする

「写真」をタップする

「LINE」を選択する

アクセスの許可を「選択した写真」もしくは「すべての写真」のどちらかに与える

【原因⑦】アプリやネット環境に不具合が生じている

 LINEではアルバムに保存した写真は、すべてクラウド上のLINEのサーバーに保存されて、トークルームのメンバーに配信される。ネット環境に不具合が生じていて、写真のアップロードやスマホアプリへのダウンロードがスムーズにいかないと、アルバムが作れない、見れない、という状態になる。

 通信環境に不具合が生じている場合には、モバイルデータ通信がつながりやすい場所へ移動するか、SIMでの通信からWi-Fiへの通信に切り替えるなどの対処法を取ろう。

 また、スマホのLINEアプリに不具合が生じたことで、アルバムの作成や閲覧に不具合が生じた可能性もある。バグが影響して不具合が生じている場合には、スマホを再起動することで不具合が解消してアルバムを作成できるようになるだろう。

 スマホの再起動でも不具合が解消しない場合には、いったんLINEのトークのバックアップを取った上で、アプリをアンインストールして、再インストールすることをオススメする。

※サムネイル画像(Image:Nopparat Khokthong / Shutterstock.com)

【LINE】アルバムを作れない・見れないときの原因と対処法!のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEアルバム】の最新ニュースをいち早くお届けします。