【LINE】オープンチャットを検索できないときの原因とその対処法を解説!

LINEのオープンチャットでは、様々なカテゴリーがあり自分の好きなジャンルを探して、気軽に参加できるチャットルームになっている。そこで今回は、LINEのオープンチャットの検索方法や検索できないときの対処方法について解説していく。ぜひ参考にして欲しい。

【LINE】オープンチャットを検索する方法

(Image:openchat-blog.line.me)

 LINEのオープンチャットでは、様々なカテゴリーがあり自分の好きなジャンルを検索して、気軽に参加できるチャットルームになっている。カテゴリー別にチャットルームがあるため、同じ興味を持った人同士繋がることができ、情報交換ができる。また、LINEのオープンチャットを検索する方法には2つの方法がある。それは、キーワードから検索する方法と、カテゴリーから検索する方法になる。そこでここでは、オープンチャットの検索方法をそれぞれ紹介していく。

【方法①】キーワードから検索する

 LINEのオープンチャットには、キーワードから検索する方法がある。キーワードを入力することで、入力したキーワードに該当するチャットルームが検索結果として表示されるようになっている。

LINEのオープンチャットでキーワードから検索する方法は、「LINEのオープンチャット画面」を開いて、画面上部にある「キーワードで検索」をタップする

そして、検索窓に「キーワード」を入力する。ここでは、「占い」と入力する。そうすると、キーワードに該当したLINEのオープンチャットの一覧が検索結果として表示される

 検索結果に表示されているLINEのオープンチャットは、タイトルや説明文に入力したキーワードが含まれている場合に表示されるようになっている。よって、タイトルにキーワードが含まれていなくても、説明文にキーワードが含まれている場合は、オープンチャットの検索結果に表示される。

【方法②】カテゴリーから検索する

 LINEのオープンチャットには、カテゴリーから検索する方法がある。オープンチャットのカテゴリーには様々なジャンルがあり、ゲームやスポーツ・アニメなど好きなカテゴリーから検索できるようになっている。

LINEのオープンチャットでカテゴリーから検索する方法は、「LINEのオープンチャット画面」を開いて、画面を下にスクロールする。そうすると、上のような画面が表示されるので、カテゴリーの中から「好きなカテゴリー」をタップする。ここでは、「ゲーム」を選択する

ゲームをタップすると、「All」・「フォートナイト」などゲームの種類別に検索できるようになっている。また、「急上昇」や「ランキング」からも検索できるようになっている

 オープンチャットのカテゴリーにある急上昇では、と、チャットルーム内での活動が一気に上昇したオープンチャットの一覧が表示される。また、ランキングでは、チャットルーム内での会話やメンバーの人数が多いオープンチャットの一覧が表示される。どちらも検索上位にあるオープンチャットでは、積極的に情報交換がされているので、コミュニケーションを楽しむことができる。

【LINE】オープンチャットを検索できないときの対処法

(Image:openchat-blog.line.me)

 ここまでは、オープンチャットを検索する方法について解説した。そして、オープンチャットの検索方法には、キーワードから検索する方法と、カテゴリーから検索する方法、2つの検索方法があるとお伝えした。しかし、オープンチャットをうまく検索できないときがある。そこでここでは、オープンチャットを検索できないときの対処法について解説していく。オープンチャットに参加したいけど、検索できない・参加できない人は、ぜひ参考にして欲しい。

【原因①】検索が許可されていない

 オープンチャットを検索できない原因①は、検索が許可されていないことだ。オープンチャットでは、オープンチャットを新規作成する際に、検索を許可するかどうを設定できるようになっている。そのため、オープンチャットの作成者が検索を許可していない場合は、オープンチャットを検索することはできないのだ。いくらキーワード検索をして、キーワードが該当していても、検索が許可されていないと検索結果には表示されないということだ。よって、もしも自分がオープンチャットを作成する場合は、必ず検索を許可を有効に設定するようにしよう。検索を許可を有効に設定しないと、せっかく作成したオープンチャットが誰からも検索されないということになってしまう。

【原因②】カテゴリーが未設定である

 オープンチャットを検索できない原因②は、カテゴリーが未設定であることだ。オープンチャットを新規作成する際に、検索を許可するかどうか以外にもカテゴリーを設定できるようになっている。そして、カテゴリーを設定しない場合は、カテゴリー検索したときに、オープンチャットの検索結果には表示されない。カテゴリーを設定していれば、検索結果に表示されるが、設定していない場合は検索結果に表示されることはない。しかし、検索を許可を有効に設定していれば、カテゴリーが未設定であってもキーワード検索の検索結果には表示される。よって、カテゴリー検索をして検索結果に表示されない場合は、キーワード検索をするようにしよう。

【原因③】18歳以下もしくは年齢確認未完了である

 オープンチャットを検索できない原因③は、18歳以下もしくは年齢確認未完了であることだ。LINEでは、年齢確認の項目がある。そして、18歳以下もしくは年齢確認を行っていないとオープンチャットでのキーワード検索ができないというルールがあった。しかし、現在は年齢確認をしていなくてもキーワード検索はできるようになっている。ただし、18歳以下もしくは年齢確認未完了の場合、オープンチャットの検索をしたときに検索結果の表示が一部制限される仕様になっている。よって、オープンチャットの検索をするためには、必ず年齢確認を行うようにしよう。年齢確認をきちんと行えば、オープンチャットの検索はできる。ただし、年齢確認を行えるのは18歳以上のみになるので、18歳以下の場合は、検索結果の表示が一部制限されるので注意しなければいけない。

 年齢確認を行う方法は、LINEアプリを開いたら「設定」→「年齢確認」をタップする。そして、年齢確認結果が「未確認」になっている場合は、年齢確認未完了ということになる。

「未確認」をタップすると、上のような画面が表示されるので、契約している「キャリア」を選択する

契約しているキャリアを選択すると、ログイン画面が表示される。「携帯電話番号」と「パスワード」を入力して、「ログインする」をタップする

キャリアの年齢確認のページにログインしたら、年齢確認の注意事項が表示されるので、内容を確認したら「同意する」をタップする

そうすると、上のような画面が表示されるので、「ID検索可」になっていれば、年齢確認は完了となる。年齢確認が完了すれば、オープンチャットを検索できるようになる

【原因④】キーワードが間違っている

 オープンチャットを検索できない原因④は、入力したキーワードが間違っていることだ。LINEのオープンチャットでは、キーワード検索とカテゴリー検索の2つの方法でオープンチャットを検索できるようになっている。そして、キーワード検索ではオープンチャットのタイトルと本文に入力したキーワードが該当した場合に、検索結果として表示される。しかし、入力したキーワードが間違っているとヒットせずに検索結果に表示されないことがある。例えば、「ゲーム」と「げーむ」では、内容自体は同じになるが、使っている文字がひらがなかカタカナで大きな違いが出てくる。この場合、オープンチャットの作成者がタイトルや本文に「ゲーム」を使っていたとすると、「げーむ」では検索結果には表示されないのだ。よって、オープンチャットでキーワード検索をして検索結果に表示されない場合は、入力するキーワードを変更してみよう。そうすれば、オープンチャットの検索結果に表示されるようになる。

※サムネイル画像(Image:openchat-blog.line.me)

【LINE】オープンチャットを検索できないときの原因とその対処法を解説!のページです。オトナライフは、【SNSLINELINEオープンチャット】の最新ニュースをいち早くお届けします。