Chrome OSのログインできない問題は、実は「たった1文字のタイプミスが原因」だった?

プログラムとは、高度な操作ができるようになる分、わずかのミスも許されないとても繊細なものなのだとあらためて感じる一件だ。ここ最近、グーグルの開発するOS「Chrome OS」で、立て続けに致命的な不具合が確認されている。しかも最も新しい不具合は、デバイスにログインすることすらできなくなるようで…。これではChrome OSを搭載するChromebookのユーザーも、「OSの最新バージョンが出たから」と気軽にアップデートをかけるのもためらわれることになりかねないだろう。今回は、Chrome OSで起きている数々の不具合についてお伝えしていきたい。

Chrome OS、アップデートで“ログインできない”事態に!

(Image:DCStockPhotography / Shutterstock.com)

日本ではGIGAスクール構想の一環で、学校ではChromebookが生徒1人に1台が配布されている

 ことの発端はグーグルが6月末に公開したChrome OSの「バージョン91.0.4472.147」だ。このアップデートを実行した一部のChromebookユーザーから「動作が遅くなった」という不具合報告があがったという。事実、デバイスに搭載されたCPUに過剰な負荷がかかってしまいパフォーマンスが低下していることが確認された。

 グーグルはChrome OSを以前のバージョンに戻すことでこの不具合に対処。その後、不具合を解消したバージョン91.0.4472.147を再度公開してことなきを得た……のだが、今度は新たな「バージョン91.0.4472.165」で、さらに大きな不具合が発生。アップデートした多くのユーザーが「パスワードを入力してもログインできない」「ブートループ(再起動ループ)に陥ってしまったというのだ。

 “ログインできない”問題の一刻も早い解消のため、デバイスを製品出荷時の状態へと戻す「Powerwash」と呼ばれる操作を実行し、OSを強制的に過去のバージョンに戻すユーザーなども現れたという。しかしそれによって、デバイス内に保存されていた重要なファイルが失われてしまったユーザーも多く、「多くの被害が出ている」と伝えられている。

Chrome OSのログインできない問題は、実は「たった1文字のタイプミスが原因」だった?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスChrome OSChromebookGoogleGoogle Chrome】の最新ニュースをいち早くお届けします。