ahamoやpovoに対抗!! BOGLOBEの月50GBプラン「donedone(ドネドネ)」ってお得なの?

月20GBで月額3,000円程度の格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」の登場で窮地に立たされた格安SIM(MVNO)。しかし、格安SIMも黙ってはいない。格安SIM大手の「BIGLOBE(ビッグローブ)モバイル」は、2021年7月1日から新ブランド「donedone(ドネドネ)」を発表。donedoneは速度を3Mbpsに抑えることで、月50GBで月額2,728円という低価格を実現しているのだ。果たしてdonedoneは大手キャリアの格安プランよりお得なのだろうか?

BIGLOBEのdonedone(ドネドネ)ってどんなプラン?

 月20GBで月額3,000円程度の格安プラン「ahamo」「povo」「LINEMO」の登場で、窮地に立たされた格安SIM(MVNO)。何しろ格安SIMのほうが“割高SIM”になってしまったのだからたまらない。そこで格安SIM各社は値下げを実施し、とくに1~10GBの低容量プランに活路を見出していた。ところが、2021年7月15日には、LINEMOが月3GBで月額990円の「ミニプラン」を発表。今後、ahamoやpovoもこれに続くとみられており、格安SIMは苦しい戦いを強いられている。詳しくは→こちらを参考にしてほしい。

 そんななか、格安SIM大手の「BIGLOBEモバイル」は、2021年7月1日から新ブランド「donedone(ドネドネ)」を発表した。donedoneではユーザーのスタイルに合わせて3つのプランを用意。なかでも、音声対応の「ベーシックUプラン」は、au回線を採用し、通信速度を3Mbpsに抑えることで月50GBで月額2,728円という低価格を実現している。もし、月50GBを超過しても1Mbpsで接続できるのも魅力的。これなら、大手キャリアの格安プランにも対抗できそうだ。

(Image:donedone.jp)

donedoneの「ベーシックUプラン」は、通信速度を最大3Mbpsに抑えている。これにより月50GBの大容量ながら月額2,728円という低価格を実現した

3MbpsでHD動画も快適に視聴できるの?

 donedoneの「ベーシックUプラン」は、通信速度を3Mbpsに抑えることで月50GBで月額2,728円という低価格を実現している。だが、果たして3Mbpsという低速度でYouTubeなどの動画サイトを十分楽しめるのか疑問に思っている人も多いだろう。

 それに関してdonedoneでは下図のような回答を用意している。この表によれば、YouTubeのHD(720p)動画でもネットの通信速度は2.5Mbpsあれば視聴可能。Netflixの標準画質やAmazon Prime Videoでも3Mbpsあれば視聴できることが分かる。したがって、ahamoやpovoの月20GBでは不安があるという人には、十分利用価値のあるプランだと言えるだろう。

 もし、3Mbpsという低速度では不満だという人には音声対応の「カスタムUプラン」も用意されている。こちらも月50GBで月額2,728円のプランだが、LINE、Instagram、Facebook、YouTube、ABEMA、TickTok、TELASA、Spotify、Amazon Music、モンストの中から3つのアプリを選ぶと、その3アプリだけが通信速度無制限になるというもの。対象アプリ以外は最大1Mbpsになるが、アプリの入れ替えも自由にできるので、使い勝手がいい。

YouTubeのHD(720p)動画でもネットの通信速度は2.5Mbpsあれば視聴可能。そのほか動画配信サービスも3Mbps以上の速度は必要ないことが分かる(donedone公式サイトより)

(Image:donedone.jp)

「カスタムUプラン」は、4ジャンル10アプリのなかから選んだ3つのアプリに関して速度制限がない。もちろん容量は月50GBで月額2,728円だ

月額0円で維持できるエントリープランも用意!

 donedoneではもうひとつユニークなプランも用意されている。それが月額0円の「エントリープラン」だ。エントリープランは最大128Mbpsのデータ通信専用プランで、月50GBまで利用できるというもの。お試しクーポンを利用すればベーシックUプランやカスタムUプランと同じ通信速度になり、サブ回線として使うことが可能となっている。

 また、donedoneでは固定ネット回線「ビッグローブ光」を契約すると、月額220円が割り引きされるので、セットで利用すれば年間2,640円ほど節約できるのもうれしい。

 ただし、donedoneはBIGLOBEモバイルのプランではないので注意が必要な部分もある。まず、BIGLOBEモバイルからはプラン変更ではなくMNPで乗り換えることになる。次に、BIGLOBEモバイルで使っていたキャリアメールは利用できなくなり、BIGLOBEモバイルの家族割は適用されなくなるのだ。BIGLOBEモバイルユーザーは十分注意しよう。

(Image:donedone.jp)

「エントリープラン」は128Kbpsながら月50GBまで月額0円で維持できるデータ専用プラン。音声プランと同じ速度を2週間試せるクーポンも用意されている。ただし、お試しクーポン利用には事務手数料がかかる

(Image:donedone.jp)

donedoneでは固定ネット回線「ビッグローブ光」を契約すると「ネットスマホ割」が適用され、月額220円が割り引きされる。ただし、自動適用されずエントリーが必要になる点には注意したい

 ahamo、povo、LINEMOといった大手キャリアの格安プランに乗り換えを考えている人は、donedoneと比較検討してみてはいかがだろうか? 今なら新規事務手数料0円で申し込めるキャンペーンを実施中(エントリープラン以外)だ。最低利用期間はないので、もし、気に入らなければ、いつでも解約手数料やMNP転出手数料なしで乗り換えることもできる。なお、donedoneの申し込みはオンラインのみで、「5G」や「eSIM」については今後対応する予定である。

●donedone(公式)は→こちら

ahamoやpovoに対抗!! BOGLOBEの月50GBプラン「donedone(ドネドネ)」ってお得なの?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoBIGLOBEBIGLOBEモバイルdonedoneLINEMOpovo格安SIM格安スマホ格安プラン】の最新ニュースをいち早くお届けします。