神機能? 悪魔の機能? 「Google Meet」がエコー(ハウリング)を起こしている発生元に警告表示へ

「Google Meet」に新たなユーザー支援機能が追加されることが判明した。なんとWeb会議の中でエコー(ハウリング)が発生した際に、その原因がどのデバイスであるかをシステムが判別。「赤い点」のアラートで通知されるようになり、エコー解消のアドバイスまで案内してくれるというのだ。

日々Web会議を利用しているサラリーマンであれば、会議をスムーズに進めるうえで非常にありがたい“神機能”かもしれない。しかし考えようによっては、“犯人”をあぶりだすことになる“悪魔の機能”とも言えるかもしれない…。

「エコー起こしてますよ」アラートで会議の進行もスムーズに

(Image:Yalcin Sonat / Shutterstock.com)

エコー(ハウリング)が発生元に警告を通知することになったGoogle Meet

 グーグルは8月23日、「Google Meetでエコーが発生したときの識別と修正が簡単になりました」と報告。エコーが発生すると、システムがエコーの原因となっているユーザー・デバイスを推定し、そのユーザーの画面上に赤い点の「警告」の通知を表示させるのだという。また、通知をクリックするとGoogle Meetのヘルプセンターへと飛び、エコーを解消するためのアドバイスも見ることができるという。この機能は、23日から段階的に展開されている。

 これまでエコーが発生するたび、誰が原因かもわからず参加メンバーがそれぞれ各自の設定などをゴソゴソと見直すこともあったかもしれない。会議が完全にストップすることはなかったとしても、スムーズな進行がしづらくなるだろう。それが解消できる部分については“神機能”と言ってもよさそうだ。

神機能? 悪魔の機能? 「Google Meet」がエコー(ハウリング)を起こしている発生元に警告表示へのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle Meetエコーハウリング】の最新ニュースをいち早くお届けします。