神機能? 悪魔の機能? 「Google Meet」がエコー(ハウリング)を起こしている発生元に警告表示へ

通知のせいで“つるし上げ機能”になる可能性も?

Web会議中のハウリングは、進行が一時ストップしてしまいみんなに迷惑をかけてしまう

 ではいったい何が“悪魔の機能”なのか。それは「これまで比較的あいまいだった、エコーの“犯人”がわかりやすくなってしまう」可能性だ。

 グーグルが公開しているサンプル画面を見る限り、赤い点の通知は原因となったユーザー本人の画面にしか表示されなさそうだ。しかし通知が出ることで「原因は私じゃなさそう」というメンバーと「あ、自分が原因っぽい。すぐに直さなきゃ!」という反応に二分されることも考えられる。言ってしまえば、これまでは全員がゴソゴソしていたから目立たなかったものが、今後は「エコーが起きたあとにゴソゴソしている人こそが“犯人”」である確率が高いのだ。

 上司とともにWeb会議を使っての大きな商談に臨んだ若手が、エコーを起こして商談を止めてしまったら…。そしてその話がまとまらずに終わったら…。想像するだけで背筋が寒くなってしまう。

 下手にエコーを起こせない風潮になったとすれば、今後は今まで以上に「発言をしない人はミュート」にする文化が流行するかもしれない。ミュートこそ、これ以上ない「エコーが起きても私じゃありませんよ」のサインなのだから。

参照元:「Google Meet」、エコーの発生元に警告を表示へ【CNET Japan

※サムネイル画像(Image:Ink Drop / Shutterstock.com)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

神機能? 悪魔の機能? 「Google Meet」がエコー(ハウリング)を起こしている発生元に警告表示へのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle Meetエコーハウリング】の最新ニュースをいち早くお届けします。