今すぐアップデートを、Google Chromeに27個の脆弱性、内5つは深刻度が「High(重要)」に

近年急速に発達しているデジタルテクノロジーは、生活を便利にしていることは読者のみなさんもご存じのことだろう。手元のスマートフォンを使って様々なことができるようになり、ネットを開けばどんな情報も即座に調べることができるようになった。しかしその一方で進化するテクノロジーを悪用する人間がいることも事実。大規模な個人情報の漏えいを引き起こしてしまう「不正アクセス」のニュースなどを見る機会も増えてきている。

今回は、そんなサイバーセキュリティに関わる、Google Chromeのニュースについてお伝えしていきたい。

Chromeで複数の脆弱性が見つかる!

(Image:StudioGShock / Shutterstock.com)

ChromeはPCでもスマホでもユーザーの多いブラウザだ

 アメリカのコンピュータ緊急事態対策チーム(US-CERT: United States Computer Emergency Readiness Team)はアメリカ時間9月1日、ウェブブラウザのGoogle Chromeに脆弱性が存在することを明らかにした。

 Chromeのリリースによれば、WindowsやMac、Linux向けのChromeの特定のバージョン以前に脆弱性が存在するといい、脆弱性に対処するためにアップデートすべき新たなバージョンも公開されている。そのアップデートでは27個のセキュリティ修正が含まれており、修正されたもののうち5つは深刻度が「High(重要)」となっている。

 今回発表された脆弱性は悪用されることでシステムの制御権が乗っ取られることにもつながるとしており、該当するChromeでは早急にアップデートすることが推奨されている。

今すぐアップデートを、Google Chromeに27個の脆弱性、内5つは深刻度が「High(重要)」にのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスGoogleGoogle Chromeアップデートセキュリティハッカー脆弱性】の最新ニュースをいち早くお届けします。