23年卒が選ぶインターン人気企業ランキング、TOPには文系「ニトリ」理系は「ソニーグループ」に

インターンシップは、学生の将来にとって必須といってもいいほど重要な存在になっている。企業の採用を支援するワークス・ジャパンが産業経済新聞社と合同で、インターンシップ参加企業調査を実施し、その結果が2021年9月に発表された。2023年3月卒業見込みの大学3年生・大学院1年生3,602名が対象だが、この年度の学生たちは、コロナ禍のあおりをもろに受け、在宅中心の学生生活を余儀なくされていた学生たちである。

ロールプレイング型が人気!一方、若手社員の話や就活アドバイスは人気薄?

オンライン化が進む今だからこそ「企業の実際を体感したい」というニーズはより高いのかもしれない(ワークス・ジャパン調べ)

 「参加してみたいと思うインターンシップのプログラムは?」という質問には、「実際の業務を疑似的に体験するロールプレイ型」、「与えられた課題に対しての問題解決に挑むグループディスカッション・グループワーク型」が約3割ずつと、人気を二分する形となった。一方で、若手社員の話が聞けることや、就職活動へのアドバイスは、インターンシップにおいては人気薄の結果に。これは企業説明会などの段階でならニーズがあるかもしれないが、インターンシップにおいてはやや“期待外れ”なプログラムになってしまうようだ。

 このように、学生はインターンシップで、業界やその企業、仕事内容を実際に体験してみたい、実践的なプログラムを求めているといえるだろう。事前の自分の理想やリサーチとのズレがないかを確認し、その後の進路決定に役立てたいという志向がみてとれる。

 また、コロナ禍でインターンシップもオンライン化が進んだが、開催形式について学生の希望としては「どちらかというと対面」が最多の37.5%、「絶対に対面」も16.7%と半数以上が対面形式での開催を希望している。ここにも企業の社風を実際に自分で確かめたいという希望が見える結果となった。

23年卒が選ぶインターン人気企業ランキング、TOPには文系「ニトリ」理系は「ソニーグループ」にのページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスインターンシップソニーグループニトリランキング就職】の最新ニュースをいち早くお届けします。