ダメなの? 内々定辞退をメールやLINEで伝えた理由2位は「相手の時間を取らない」1位は?

新卒採用の面接結果において、仮採用を意味する“内々定”。就職活動が終盤を迎えると、内々定をもらった複数の企業のうちどこに内定承諾するか、大きな決断を迫られる。すでにサラリーマンとなって久しい読者の方々の中にも、学生時代に「内々定を出してくれたのに、辞退を伝えるのは気が引ける」という人も少なくないだろう。

今回は、2022年卒の就活生の経験をもとに、「直接会って話す」以外の方法で内々定辞退を伝えた理由トップ3をランキング形式で伝える。就活経験者が選ぶ意外な理由とは果たして……。

内々定辞退の連絡方法は、電話やメールが一般的だが……

内々定辞退を直接会って伝える人はわずか0.7%(マイナビ調べ)

 8月に実施された「マイナビ 2022年卒大学生 活動実態調査」によると、内々定辞退の伝え方は、1位は「電話」(71.3%)、2位は「メール」(40.6%)、3位は同率で「LINE」と「辞退するつもりだが、連絡をしていない(する予定はない)」(両4.0%)という並びに。70%以上の人が電話で内々定辞退を伝えており、その際は電話が最も一般的な方法といえる。また、辞退の意志はあるが連絡をしていない人は4.0%も占め、連絡を億くうに感じている人や、どのように連絡をしていいか分からないという人もいるようだ。

 中には、「SMS・メッセージ」(1.7%)、「Slackやチャットツール」(0.5%)、「FacebookなどSNS」(0.3%)といった、電話やメールと比べるとフランクな伝え方も挙がった。普段からSNSを使いこなす学生にとって、かしこまったメールより、身近なツールを使った方が気持ちを伝えやすいという人もいるだろう。それでは実際に内々定辞退を経験した就活生は、どんな理由で電話やメール以外の方法を選んだのか、具体的な意見を見ていこう。

ダメなの? 内々定辞退をメールやLINEで伝えた理由2位は「相手の時間を取らない」1位は?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスFacebookLINEメール内々定辞退就活就職転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。