仕事で「スキルアップしたい本当の理由」は、3位効率アップ、2位転職を見据えて、1位は?

仕事の効率アップや今の職場での評価向上、転職する際にも活かせる仕事のスキル。なんとなくスキルアップしたいと思っても、何から手を付けたら良いか分からない人や、明確な目的がないと行動に移せないという人も多いのではないだろうか。今回は、株式会社ビズヒッツが実施した「仕事のスキルアップに関する意識調査」をもとに、スキルアップしたい理由ランキングを発表する。動機付けの参考にしてみてはいかがだろう。

約70%が「スキルアップのために努力をしている」と回答

気軽に取り組みやすい「本を読む」や「仕事のやり方や業務内容の見直し」などから実践している人も(ビズヒッツ調べ)

 ビズヒッツが運営するビジネス系メディア「Biz Hits」が、働く男女500人を対象に「仕事のスキルアップのためにしていること」について行った同調査。「仕事でスキルアップをするための努力をしていますか?」という質問に対し、「している」と回答した人は全体の28.2%を占めた。「まあしている」39.8%と合わせると、70%近くの人がなにかしら努力をしていることが分かった。

 反対に「全くしていない」(13.6%)、「あまりしていない」(18.4%)と回答した人は合計で30%を超える結果となった。現在スキルアップに取り組んでいない人からすれば、同世代や同僚がスキルアップのために行動しているというのは、やや焦りを感じてしまうだろう。スキルアップの具体的な内容として、1位「資格取得」(128人)、2位「仕事に役立つ勉強・情報収集」(102人)、3位「パソコンスキル向上」(46人)などが上位に選ばれている。

仕事で「スキルアップしたい本当の理由」は、3位効率アップ、2位転職を見据えて、1位は?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスキャリアアップスキルアップ就職給与転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。