これはiPhoneの仕様?不具合?ネットで報告された地味だけど面倒な現象が話題に

デジタルデバイスにとって、プログラムの不備で不具合が発生してしまうことは宿命と言える。それは当然、世界を代表するIT企業であるアップルであっても例外ではない。アップルも頻繁にiPhoneのアップデートなどを行っていることからも明らかだろう。そんなiPhoneで今回、不具合とも仕様ともつかぬ現象が話題となっている。

今回は、そんな仕様?不具合?の微妙なラインの現象についてお伝えしていきたい。

機種変するとなぜかネットにアクセスできなくなる

ブッダスティック / ひゅでポン(@Buddha_s_Stick)さんのツイートには多くの反応が寄せられている(画像:Twitterの投稿画像を引用)

その現象というのが、ブッダスティック / ひゅでポン(@Buddha_s_Stick)さんが11月27日のツイートで指摘したもの。ひゅでポンさんによれば「新しいiPhone買ったときに指示通りにデータ移行すると『プライベートアドレス』機能で使われるMACアドレスも移植されて、両方のiPhoneで同じWi-Fiに繋いでたら一部のサイトが接続不可になる」のだという。

MACアドレスとはハードウエア固有の番号であり、本来は世界中で重複しないように設定されているという。そのため古いiPhoneのMACアドレスがデータとともに新しいiPhoneに“移行”されると本来は存在しないはずの同じMACアドレスが生まれてしまう、ということのようだ。

機種変をした後、新旧のiPhone2台で同じWi-Fiにつなぎながらネットを利用していると、MACアドレスが競合してしまい一部サイトが接続できなくなるケースがあるようだ。機種変後に古い機種を使用する機会は少ないだろうが、充電が残っていて起動したまま放置していると部屋のWi-Fiを掴んで自動接続し、「自分で使っている新しいiPhone」と「放置している古いiPhone」が同じWi-Fiにいることでこの現象が起こることになりそうだ。

これはiPhoneの仕様?不具合?ネットで報告された地味だけど面倒な現象が話題にのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhoneプライベートアドレス】の最新ニュースをいち早くお届けします。