「大人がなりたい職業」ランキング、3位医師、2位公務員、1位は意外な(?)あの職業

子どもの頃憧れていた職業に就いている、という読者の方はどれくらいいるだろうか。毎年、小学生を対象とした「将来なりたい職業ランキング」が発表されるが、実際に毎日一生懸命に働き、世の中のあれやこれを経験している大人のみなさんにもまだ夢はある。今回、「大人がなりたい職業ランキング」が発表された。どんな職業が挙げられたのだろう。現実主義?それとも最近の流行りに乗っている?はたまた、夢を追い続けているのだろうか?

大人だってやってみたいことがある!4位には新時代の職業も

仕事中にふと、「あんな仕事やってみたいなー」と思うときはないだろうか

時代の移り変わりや新型コロナウイルス感染症の影響もあって、働き方や仕事に対する考え方というものが変わりつつある。みなさんの中にも「テレワークに切り替わった」という人や「安定志向になった」と仕事自体を見直す人も増えたのではないだろうか?

そんな中、株式会社PLAN-Bの運営するメディア「エラベル」は、全国の10代~70代の男⼥1,231⼈を対象に「大人のなりたい職業」に関する アンケート調査を実施し結果を発表した。今回はそのランキングをチェックしてみよう。

5位は「薬剤師」。高齢化、そしてコロナ禍でよりその存在の大切さを実感している職業の1つだろう。投票者の中には「定時で上がれるから」という話もあるようだが、とはいっても国家資格が必要で不安を抱えた患者さんの心や生活に寄り添う仕事。そう簡単なものではないだろうが……。

4位は「YouTuber」。きたきた、今や子どもたちにも人気の新時代の職業だ。自分の得意ジャンル、興味のあることを発信していくことが収益につながるのはまさに夢のある仕事だが、成果が出るまでなかなか地道な道のりであることも想像できる。24時間365日が仕事、といわれることもあるほど想像以上にハードかもしれない。

「大人がなりたい職業」ランキング、3位医師、2位公務員、1位は意外な(?)あの職業のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスYouTuberなりたい職業ライターランキング公務員医師】の最新ニュースをいち早くお届けします。