心配性向け検索エンジン「DuckDuckGo」デスクトップブラウザ開発中。Microsoftからディスられてしまうのか?

みなさんは「DuckDuckGo」をご存じだろうか?DuckDuckGoとは、Googleの「Google検索」やMicrosoftの「Bing」などと同じネット検索エンジンのひとつで、「検索履歴を記録保存しない」など、利用者のプライバシーを重視することが大きな特徴だ。

そんなDuckDuckGoが今回、デスクトップ向けのブラウザを開発していることを明言し大きな注目を集めている。果たしてどのようなブラウザが誕生することになるのだろうか?

DuckDuckGo、デスクトップブラウザの開発中であることを明かす

(Image:Ascannio / Shutterstock.com)

Android版では最もダウンロードされているアプリ。アメリカ人の約9%(2,700万人)が使用していると言われている

GoogleではGoogle検索と「Chrome」、MicrosoftであればBingと「Edge」のように、検索エンジンを運営する企業がブラウザも開発する事例は過去にも存在する。ブラウザのデフォルト検索エンジンに自社の検索エンジンを設定することで、ブラウザのユーザーを自然に自社サービスへと流入させることができるのは大きなメリットと言えるだろう。

DuckDuckGoも既にモバイル版のブラウザは手掛けているが、今回新たにデスクトップ版もリリースに向けて注力しているという。当然、デスクトップ版でも検索エンジンに合わせてプライバシー重視の方向性はブレさせず「モバイル版のプライバシーと速度、シンプルさをデスクトップにもたらす」のだという。

リリース時期についての具体的な話はまだ明らかにされていないようだが、アメリカのメディア・The Vergeが12月21日に「macOSでクローズドベータテスト中」「Windowsでも開発中」であると報道。ユーザーの手元に届けられるのもそう遠い日の話ではないのかもしれない。

心配性向け検索エンジン「DuckDuckGo」デスクトップブラウザ開発中。Microsoftからディスられてしまうのか?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスDuckDuckGoブラウザ】の最新ニュースをいち早くお届けします。