メルカリの取引「キャンセル申請」に購入者・出品者が同意しないとどうなる?

メルカリで誤って出品した商品を購入されてしまった場合などに便利なのが「キャンセル申請」機能。キャンセル申請を行うことで取引を中止可能です。しかし「キャンセル申請を出したのに購入者が同意してくれない場合」はどのように対応すればいいのでしょうか。

この記事では、主に出品者向けに「キャンセル申請」について解説します。

メルカリの取引の「キャンセル申請」とは?

メルカリの「キャンセル申請」は、出品者・購入者が同意の上で取引を中断できる機能。キャンセル申請は「出品者から購入者に対して送る」ものであり、購入者が一方的に取引を中断することはできません。

メルカリの取引の「キャンセル申請」とは?1

出品者が購入者にキャンセル申請を送ると、購入者に「キャンセル申請に返答する」というDMが届きます。上記画像の「同意する」ボタンを押すとキャンセルが成立し、同意しない場合は取引が継続されます

購入者がメルカリのキャンセル申請に同意した/同意しない場合はどうなる?

購入者がメルカリのキャンセル申請に同意した場合と同意しない場合について、それぞれ流れを解説します。

購入者がキャンセル申請に同意した場合

出品者がキャンセル申請すると、購入者の「お知らせ」に「取引キャンセル申請が届いています」と表示されます。メッセージ内には取り引きキャンセルされた商品IDと商品名、商品価格とともに、具体的なキャンセル内容が書かれています。

購入者がキャンセル申請に同意した場合1

【1】購入者に届く「取引キャンセル申請のお知らせ」の表示例

購入者がキャンセル申請に同意した場合2

購入者はキャンセル申請に「同意する」か「同意しない」かの返答を求められます【2】キャンセル申請に同意すると、キャンセルが成立します。商品代金を支払われていた場合、支払い方法に応じて購入者に代金が戻ります

購入者がキャンセル申請に同意しなかった場合

購入者がキャンセル申請に同意しない場合は、キャンセル申請は不成立となります。なおかつ取引画面のメッセージ機能を使うことができなくなります。

出品者と購入者の間を事務局が仲裁し、状況に応じた対応が行われます。事務局主導で取引がキャンセルされるケースが多いですが、出品者側の瑕疵が大きい場合、出品者にペナルティが課せられることもあります。

購入者からのキャンセル申請に出品者が同意しない場合はどうなる?

購入者が取引のキャンセルを希望する場合、出品者の元には取引メッセージで「キャンセルを希望する」内容のDMが届きます。出品者とは異なり、購入者が一方的にキャンセル申請を送ることなどはできません。

購入者からキャンセル依頼が来た場合、出品者はメルカリ利用規約第11条5項『キャンセル及び商品の瑕疵(かし)』に基づき返金や返品、修理、交換などに基本的に応じる必要があります。

しかし、返金や返品が義務付けられているのは「商品に瑕疵がある場合」に限られます。商品に問題がなく、出品者自身にも瑕疵がない場合は申請に応じる義務はありません。

メルカリ「キャンセル申請」の主な理由とペナルティの有無

メルカリでキャンセル申請をしたとしても、それが理由でペナルティを受けることは基本的にありません。

しかし、購入者側が自己都合などでキャンセルなど迷惑行為を繰り返した場合や、発送側が無断で発送しないといったことを繰り返すと利用制限・無期限利用停止・強制退会などが行われることがあります。

出品者側の主な理由

出品者側がキャンセルするときに考えられるのは主に以下のケースです。
・商品が破損した
・商品が無くなった
・誤った値段をつけてしまった
・支払いが行われない

購入者側の主な理由

購入者側がキャンセルするときに考えられるのは主に以下のケースです。先述した通り、商品の瑕疵については出品者は必ず対応しなければなりません。一方、購入者の自己都合による取引のキャンセルには出品者は同意する義務はありません。

・商品の瑕疵
・届いた商品が気に入らない
・お金が払えない
・買う気がなくなった
・間違えて買ってしまった

ちなみに「コンビニ支払い」など、購入から支払いまでにタイムラグがある場合「期日までに支払いを行わない」購入者は意外と多いです。この場合、メルカリ事務局では「取引がキャンセルされたもの」と見なしています。

「代金を払わない」ことは購入者の自己都合によるキャンセルのため、本来は出品者が取引を中断する義務はありません。しかし、支払いの意思のない購入者に連絡しても決済される可能性は低いです。そうしたケースでは、取引を中断する方が再出品がスムーズに進むでしょう。

メルカリの取引の「キャンセル申請」のやり取り例文

「キャンセル申請したいけど相手にどうメッセージを送ったらいいか分からない……」そんなときに役立つ例文をご紹介します。

出品者が購入者に対してキャンセル申請する場合

「支払いが行われない」などの場合を除き、キャンセルは基本的に、自分に非がある場合が多いです。

取引が成立したにも関わらずそれをなしにしてもらうため、相手の感情を煽らず、低姿勢で謝るようにしましょう。

「〇〇様

大変恐縮ですが、このお取引をキャンセルさせていただきたく、ご連絡いたしました。発送前にあらためて商品の動作を確認したところ、電源が入らず、故障していたことが判明いたしました。

こちらの見落としで大変ご迷惑をおかけして申し訳ありません。

つきましては、取引キャンセル申請を出させていただきます。

お忙しいところお手数をおかけしますが、ご対応していただけますと幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。」

購入者が出品者に対してキャンセル申請する場合

出品者にはキャンセル申請機能がありますが、購入者側にはありません。購入者は出品者に取引メッセージ上で、キャンセル申請を出してもらうように頼む必要があります。以下のようなメッセージを送り、出品者からキャンセル申請を出してもらいましょう。

「〇〇様

大変恐縮ですが、このお取引をキャンセルさせていただきたく、ご連絡いたしました。

購入後、もう一度商品ページを確認したところ、購入した商品を〇〇に関するものだと勘違いしていたことに気づきました。

つきましては、取引キャンセル申請を出していただきたく存じます。

お忙しいところお手数をおかけしますが、ご対応していただけますと幸いです。

どうぞ、よろしくお願いいたします。」

キャンセル時の返金はどのように行われる?

キャンセル申請が通ったあとの返金は支払い方法によって異なります。以下の表を参考にしてください。

まとめ

トラブルの火種ともなってしまうメルカリの「キャンセル申請」。なるべく避けるために、商品の出品や購入時にはよく確認しましょう。

※サムネイル画像(Image:slyellow / Shutterstock.com)

メルカリの取引「キャンセル申請」に購入者・出品者が同意しないとどうなる?のページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフメルカリメルカリの使い方】の最新ニュースをいち早くお届けします。