Amazonの「Fire TVシリーズ」世界中で1億5000万台を突破、なぜそんなに人気なのか?

NetflixやHulu、Amazonプライム・ビデオなど、さまざまな動画配信サービスが広く普及し、数多くのコンテンツのなかからお気に入りの作品をいつでも好きなだけ楽しめるようになった昨今。スマホやタブレットだけでなく、Fire TVやChromecastなどのストリーミングデバイスを使って、テレビの大画面でコンテンツを楽しんでいる、という人も多いだろう。

アマゾンによると、Fire TVの累計販売台数は1億5,000万台を突破し、さらに今後大きく進化していくようだ。そこで今回はアマゾンの大人気デバイスのFire TVについて詳しく見ていきたい。

そもそもFire TVはなぜそんなに人気?

スマホやタブレットよりもやはりテレビの大画面で楽しみたいと思う人は多い

テレビに接続しWi-Fiに繋ぐだけで、NetflixやAmazonプライム・ビデオ、YouTubeなどを大画面でより便利に視聴することができる、アマゾンの人気商品、Fire TVシリーズ。アマゾンは米国時間1月5日、世界中でのFire TVの累計販売台数が1億5,000万台を超えたことを発表した。

シリーズのなかでも特に人気が高いFire TV Stickは、テレビのHDMIポートに直接挿すことができるコンパクトな無線LAN専用デバイスだ。年に数回あるアマゾンが開催する大型セールでは、大きく値下げされ売られることが多いため、セール期間中の主力商品として毎回注目を集めている。2021年のブラックフライデーセールでも、Fire TV Stickが最も売れたアマゾン製品だったという。

2014年に初代が登場し、現在は2021年4月に発売されたFire TV Stick(第3世代)と、10月に発売されたFire TV 4K Max(第3世代)が最新型。最近のテレビはインターネット接続機能付きのいわゆる“スマートテレビ”も増えてきているが、高額なテレビはそうそう頻繁に買い換える訳にはいかない。Fire TV Stickなら通常で4,980円、セール中なら2,980円程度で購入することができるので、数多くあるストリーミングデバイスの中でも定番の大人気商品となっているのだ。

Amazonの「Fire TVシリーズ」世界中で1億5000万台を突破、なぜそんなに人気なのか?のページです。オトナライフは、【動画・音楽AmazonAmazon Fire TVAmazon Fire TV Stick】の最新ニュースをいち早くお届けします。