「上司ガチャ」に外れたと感じる嫌な上司の特徴は? 外れた経験のある人は6割以上

2021年の流行語大賞でトップ10にも選ばれた「親ガチャ」というワード。これは「親は自分で選べない」という意味から生まれた言葉だが、最近その派生として「上司ガチャ」という言葉も生まれているという。果たして上司ガチャに失敗した経験のある人はどの程度いるのだろうか。また、外れたと感じる上司はどんな特徴を持っているのだろうか。

今回は転職メディア「転職サイト比較Plus」によるアンケート結果から、世の中のサラリーマンが直面している上司ガチャの実情について紹介していく。

上司ガチャに外れた経験のある人は約6割!

「上司ガチャしっぱいしたことない」という人は少数派である幸運を喜ぼう(「転職サイト比較plus」調べ)

調査対象は20歳から59歳の、全国の男女2,402人。調査結果からすると上司ガチャに失敗した経験がある人は60.1%と、半数以上の人が嫌な上司にあたった経験があるそう。

ここでの「上司ガチャ」とは、配属後にランダムに割り振られる上司のことであり、自分の教育担当となる直属の上司のこと。自分自身のこの先の仕事理解度や業務知識の習熟度にも関連することから、誰もが「デキるサラリーマン」を望むだろうが、残念ながら自分では選べない。人には相性があるため、上司ガチャに当たるほうが稀なのだろう。

実際に、「上司ガチャに失敗した結果どうしましたか?」という質問に対して「そのまま働き続けた」と答えた人が59.2%。約6割が「そんなもんだ」と思ってあきらめているようだ。

続いては、どんな上司を「ハズレ」だと感じるのか見ていく。

「上司ガチャ」に外れたと感じる嫌な上司の特徴は? 外れた経験のある人は6割以上のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス上司ガチャ働かない上司就職転職】の最新ニュースをいち早くお届けします。