Windows 10っていつまで使えるの? 実はこの先も安全に使うには条件があった!

2021年10月、最新OSの「Windows 11」が登場した。もちろん、Windows 11が登場したからと言って、今すぐWindows 10が使えなくなることはなく、少なくとも2025年10月14日まではサポートが受けられる。しかし、Windows 10のバージョンによっては、2022年中にサポートが終了されることをご存じだろうか? そこで今回は、2025年までWindows 10のサポートを受けて安全に使うための条件を確認しよう。

Windows 10のサポートは2025年10月14日までだが……

2021年10月、最新OSの「Windows 11」が登場したのはご存じだろう。もちろん、新しくパソコンを買わなくても、Windows 10を搭載したパソコンは無償でWindows 11にアップグレードすることができる。

だが、Windows 11のシステム要件は意外と厳しく、4~5年前のパソコンであっても要件をクリアできない場合もある。

そこで、「とりあえずWindows 10のまましばらく使えばいいや!」と軽く考えている人も多いと思う。確かにMicrosoftの発表では、Windows 10は少なくとも2025年10月14日までサポートされることが決まっている。

ところが、2025年10月までWindows 10のサポートを受けて安全に使い続けるには、ある条件をクリアしていなければならないことは、あまり知られていない。

そこで、今回は2025年10月14日まで、Windows 10を安全に使い続けるための条件を確認したいと思う。

Windows 10のサポートは2025年10月14日まで

Windows 11にアップデートできないパソコンもWindows 10を2025年10月までは安全に利用することができる。しかし、ある条件をクリアしないと2022年中にサポートが終了してしまうことも……

Windowsアップデートをサボっていると2022年中にサポートが終了される可能性も!

Microsoftは、Windows 10のサポートを2025年10月14日まで続けると発表している。しかし、Windows 10のバージョンによっては。2022年中にサポートが終了されてしまうことをご存じだろうか?

Windows 10 の「バージョン20H2」は2022年5月10日に、「バージョン21H1」も、2022年12月13日でサポートが終了されることになっている。

つまり、今までWindows 10 のアップデートを全然行っていないパソコンは、2022年中にサポートが終了されてしまい危険な状態になってしまうのだ。

もし、2025年10月14日までWindows 10を安全に利用し続けたい場合は、少なくとも2022年12月13日までに2021年11月リリースの最新バージョン「21H2」にアップデートしておく必要がある。

不安な人は、今すぐ自分のパソコンのバージョンがどうなっているのか確認しておこう。

ちなみに、「バージョン21H2」も2023年6月13日にはサポートが終了するので、それまでに次のアップデートを適用することになる。

■Windows 10のバージョンとサポート終了日

Windows 10 HomeおよびPRO(2015年7月29日)→提供終了日2025年10月14日

Windows 10 Version 20H2(2020年10月20日)→サポート終了日2022年5月10日

Windows 10 Version 21H1(2021年5月18日)→サポート終了日2022年12月13日

Windows 10 Version 21H2(2021年11月16日)→サポート終了日2023年6月13日

※Home/Pro/Pro EducationおよびPro for Workstationsの場合

Windows 10のバージョンとサポート終了日(Image:docs.microsoft.com)

Microsoftの公式サイトでは、Windows 10の「Version 20H2」は2022年5月10日に、「Version 21H1」も2022年12月13日でサポートが終了される

Windows 10のバージョンを確認する方法1

自分のパソコンのWindows 10のバージョンを確認するには、まず、画面左下の「スタート(Win)」を右クリックして「設定」を選択する

Windows 10のバージョンを確認する方法2

設定画面が表示されたら「システム」を選択しよう

Windows 10のバージョンを確認する方法3

「詳細情報」を選択すると、「Windowsの仕様」という項目でバージョンが確認できる。ここが「21H2」と表示されていれば問題ない

今すぐWindows 10をアップデートしておこう!

もし、自分のパソコンがWindows 10の最新バージョン「21H2」になっていない場合は、今すぐアップデートしよう。

Windows 10のアップデート方法は、まず「スタート」を右クリックして「設定」を選択したら、「更新とセキュリティ」を選択する。

「Windows Update」で最新版のアップデートの表示があれば「ダウンロードしてインストール」をクリックしてインストールすればいい。もし、「最新の状態です」と表示されていれば、新しいアップデートはないので、そのままで大丈夫だ。

Windows10をアップデートする方法1

アップデートの確認は、まず「スタート」を右クリックして「設定」を選択したら、「更新とセキュリティ」を選択する

Windows10をアップデートする方法2

「Windows Update」で最新版のアップデートがあれば「ダウンロードしてインストール」をクリックしよう(写真は「21H1」の更新プログラム時のもの)

Windows10をアップデートする方法3

もし、「Windows Update」を開いて「最新の状態です」と表示されていれば新しいアップデートはないので問題ない

最新アップデート通知がなかなか来ないときは?

もし、設定を確認しても最新版Windows Updateの通知が来ない場合は、Microsoftの公式サイトから適用させることもできる。

「Windows 10のダウンロード」というページを開いて「今すぐアップデート」をクリックすると、アプリをダウンロードできるので、これをインストールしよう。

ただし、パソコンがアップデートに対応しない場合は、バージョンアップできないこともあるので注意しよう。

アップデート通知がなかなか来ないときの対処法1

Microsoftの公式サイトの「Windows 10のダウンロード」というサイトを開き、「今すぐアップデート」をクリックしよう

アップデート通知がなかなか来ないときの対処法2

すると「Windows10upgrade0000.exe」を入手できるので、これをダブルクリックすることで、今すぐ最新版(21H2)にアップデートすることができる

まとめ

いかがだろうか? そもそもWindows 10を安全に利用するのにWindowsアップデートは欠かせない。まして、2025年10月まで使い続けたいなら、今すぐ最新版(21H2)にアップデートしておこう。

もちろん、Windows 11に対応するパソコンなら、セキュリティ面や機能面ではWindows 10より優れているので、Windows 11にアップグレードしておいたほうがよいだろう。

Windows11へのアップグレード方法はこちらで確認してほしい。

●Microsoft「Windows 10 Home and Pro」(公式)→こちら
●Microsoft「Windows 10のダウンロード」(公式)→こちら

文=すずきあきら/編集・ライター

Windows 10っていつまで使えるの? 実はこの先も安全に使うには条件があった!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方Windows 11】の最新ニュースをいち早くお届けします。