いまだに「PayPay」を使っていると大損!? 本当に得するスマホ決済は〇〇Payだった!

MMD研究所の「2022年1月QRコード決済サービス調査」によると、今もっとも利用されているスマホのQRコード決済サービスはダントツで「PayPay」がトップだそうだ。しかし、本当に「PayPay」がお得なのかと問われれば、必ずしもそうではない。そこで今回は、本当にお得なスマホ決済サービスは何なのか検証してみたいと思う。

QRコード決済サービスのシェアトップはダントツで「PayPay」だが……

アナタはスマホのQRコード決済サービスに何を利用しているだろうか? MMD研究所の「2022年1月QRコード決済サービス調査」によると、もっとも利用されているQRコード決済サービスはやはり「PayPay」が45.4%でダントツのトップであった。詳しくは→こちらで確認して欲しい。

以下2位「d払い」、3位「楽天ペイ」、4位「au PAY」と続いている。たしかに「PayPay」のユーザー数は2022年1月19日時点ですでに4,500万人を突破しており名実ともにQRコード決済No.1である。しかも、PayPay加盟店は全国に344万カ所以上もあるため、PayPayが非常に使いやすいのも間違いない。

また、最近はソフトバンク・Yahoo!JAPANのグループ会社を積極的に「PayPay」ブランドに編入し、PayPayを金融プラットフォームの中核としてシナジー効果を高めようとしている。

さらに、Tポイントを廃除してポイントをPayPayボーナスに統一する動きもみられるので、今後も「PayPay」の優位性は崩れそうもないのだ。

だが、本当に「PayPay」がお得なのかと問われれば、筆者は必ずしもそうではないと思う。それでは、本当にお得なスマホ決済サービスとは何であろうか?

2022年1月19日時点ですでにユーザー数が4,500万人を突破しているPayPay(Image:about.paypay.ne.jp)

PayPayは、2022年1月19日時点ですでに4,500万人を突破しており、もはや他社の追随を許さない状況だ。確かにPayPayは全国の個人商店まで利用できる利便性の高さも魅力のひとつだが……

PayPayは「PayPaySTEP」の厳しすぎる条件を毎月クリアしてやっと1.5%ポイント還元!

PayPayのデビューは華々しいものであった。2018年10月にサービスを開始し、その直後の12月には「100億円あげちゃうキャンペーン」をブチ上げて、ビックカメラなどで高額商品を買う人が続出した。

日本では未知のQRコード決済サービスだったが、PayPayがその利便性を強力にアピールし、2019年初頭には一気に500万人のユーザーを獲得している。

だが、その後PayPayのキャンペーンは徐々にショボくなっていった。現在の「ペイペイジャンボ」では、抽選で1等100%(全額)、2等で10%、3等で1%ポイント還元されるといったものばかり……。

筆者にすれば、当たるかどうか分からない1万ptより、確実にもらえる500ptのほうがありがたいのである。

しかも、2021年7月1日から「PayPaySTEP」の特典条件が改悪され、1%還元は「1回300円以上/月30回」「月5万円利用」が条件となり、1.5%還元の獲得にはさらに厳しい条件をいくつもクリアしなげればならない。

詳しくは→こちらで確認してほしいが、今どき、年会費無料のクレカでも1%ポイント還元されるのは当たり前なのに、毎月こんなに頑張らないと1.5%還元を受けられないなんて……。

PayPaySTEP

PayPayの基本ポイント還元は0.5%、毎月1回300円以上の買い物を30回、月5万円以上の利用でやっと1%還元に、1.5%還元の達成条件はさらに厳しくなっている(写真は筆者の知人のもの)

いまだに「PayPay」を使っていると大損!? 本当に得するスマホ決済は〇〇Payだった!のページです。オトナライフは、【マネーau PAYd払いPayPayQRコード決済キャッシュレス三井住友カード ナンバーレス楽天ペイ】の最新ニュースをいち早くお届けします。