フィッシング詐欺に狙われやすいブランドランキング、3位「Amazon」2位「三井住友カード(Vpass含む)」1位はあのキャリア?

みなさんは、「本人確認を完了してください」というメールを受け取ったことはないだろうか。このようなメッセージがきたらフィッシング詐欺を疑ったほうがいいことは周知の事実だが、それでもなお詐欺の被害が無くなる気配は見られない。

そんな、多くの人が利用しているECサイトなどを騙って個人情報を盗み出すフィッシング詐欺で、騙られることの多いブランドサイトのランキングが発表された。私たちが注意すべき偽のブランドサイトはどこのブランドが多いのだろうか…。

気を付けて!フィッシング詐欺には多くの人がよく使うあのサイトも

ランキングに入っているサイト、あなたもよく使っていないだろうか?(「BBソフトサービス株式会社」調べ)

BBソフトサービス株式会社が2021年度12月のインターネット詐欺リポートを発表した。このリポートは、同社が開発したネット詐欺専用セキュリティソフト「詐欺ウォール」で調査したフィッシングサイト情報をもとに作成されている。

詐欺ウォール調査による「フィッシング詐欺サイトブランドランキング」では、2021年11月は大手ECサイト「Amazon」が1位で、次いで2位「au」、3位「三井住友カード」と続いた。ECサイトは住所やクレジットカード情報を入力する機会が多いため、フィッシング詐欺に利用されやすい傾向にあるからだろう。

しかし翌12月の調査では、Amazonを抜いて1位「au」、2位「三井住友カード」という結果に。実際に通信キャリア事業者を騙るフィッシング詐欺サイト数は、11月の817件から12月の1,852件となり、前月比2.3倍と大幅な増加が確認された。

通信キャリアを詐称したフィッシング詐欺では、メールやSMSに記載されているURLからフィッシングサイトに誘導し、個人情報や暗証番号を入手するという手口が一般的だ。サイト自体は本物に近く、見分けるのが難しいものも多いので、安易にURLをクリックせずに検索エンジンから公式サイトを確認したほうが良いだろう。

フィッシング詐欺に狙われやすいブランドランキング、3位「Amazon」2位「三井住友カード(Vpass含む)」1位はあのキャリア?のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスSMS詐欺フィッシング詐欺情報漏洩詐欺メール】の最新ニュースをいち早くお届けします。