「iPhone 13 Pro Max」と「Google Pixel 6 Pro」のカメラ性能を比較、結局どっちが美しい!?

2021年10月に発売された「Google Pixel 6 Pro」は、Android OSを開発するGoogleの純正スマホ。とくにこのモデルはGoogleがプロセッサまで自ら開発し、プロレベルのカメラレンズを搭載したと豪語している。そこで今回は、カメラ性能には定評のある「iPhone 13 Pro Max」と「Google Pixel 6 Pro」の2台を使って、実際にどっちが美しい写真を撮れるのか検証してみたぞ!

Google純正スマホの最高峰「Google Pixel 6 Pro」とは?

昔から「SNS映えする写真を撮るならiPhone!」というのが定説である。確かにiPhoneのカメラは、安価なAndroidスマホよりもキレイな写真が撮れるのは事実だろう。

だが、最近では1インチの巨大なイメージセンサーを採用したソニー「Xperia PRO-I」や、ライカと共同開発したレンズを搭載するシャープ「AQUOS R6」をはじめ、高性能カメラを売りにしたモデルも続々と登場している。

そんななか、2021年10月にはAndroid OSの開発元であるGoogleから、最新OSのAndroid 12を採用し、高性能カメラを搭載した「Google Pixel 6 Pro」が発売された。

Android 12の新機能については→こちらで確認してほしいが、この「Google Pixel 6 Pro」はプロセッサ(Google Tensor)をGoogle自らが開発した力作で、プロレベルのレンズを搭載したカメラも非常に優秀だと評判だ。

そこで今回は、iPhoneの最高峰「iPhone 13 Pro Max」と「Google Pixel 6 Pro」では、どのくらいカメラ性能に差があるのか? どちらが美しい写真を撮れるのか? 実際に写真を撮って確認してみる。 

(Image:store.google.com)

今回使用する「Google Pixel 6 Pro」は、最新OSのAndroid 12を搭載したGoogle純正スマホの最高峰。Android 12で新たに採用された新機能を余すところなく堪能できるという楽しみもある

「iPhone 13 Pro Max」と「Google Pixel 6 Pro」のカメラスペックを比較してみる

実際に撮影した写真を比較する前に、「iPhone 13 Pro Max」と「Google Pixel 6 Pro」のカメラ機能のカタログスペックを確認しておこう。

まず、iPhone 13 Pro MaxもGoogle Pixel 6 Proも、それぞれ3種のレンズを搭載している。iPhoneは「広角」「超広角」「望遠」で、Google Pixel 6 Proは「広角」「ウルトラワイド」「望遠」の3種類。超広角とウルトラワイドは同じ意味合いなので、どちらも似たような同じレンズ構成だ。

次に、画素数に関してはGoogle Pixel 6 Proの広角カメラは50メガピクセル(5,000万画素)とあるが、実際に撮影すると1,250万画素相当となる。これは、4つの画像をデジタル処理してひとつの画素にしているから。iPhone 13 Pro Maxが1,200万画素であることを考えると、ほぼ同等の画素数と言っていいだろう。

また、カメラの絞り値(F値)は数値が小さいほど明るいレンズになり、写真がキレイに撮れるが、iPhone 13 Pro Maxのほうが3種類ともレンズが明るい。

しかし、光学ズームはiPhoneは3倍まで、Google Pixel 6 Proは4倍まで可能であり、ズームに関してはGoogle Pixel 6 Proのほうが勝っている。

さらに、Google Pixel 6 Proは、旧型よりも2.5倍の光量を取り込めるイメージセンサーを搭載しており、そのセンサーの実力がどれほどのものなのか期待したいところだ。

■iPhone 13 Pro Max
広角カメラ
絞り値:F 1.5
焦点距離:26mm

超広角カメラ
絞り値:F 1.8
焦点距離:13mm

望遠カメラ
絞り値:F 2.8
焦点距離:77mm
3倍光学ズーム

ご覧のように、iPhone 13 Pro Maxのカメラ部分は非常に存在感があり、広角から望遠まで非常に明るいレンズ構成になっているのが特徴だ

■Google Pixel 6 Pro
広角カメラ
絞り値:F 1.85
焦点距離:24mm

ウルトラワイドカメラ
絞り値:F 2.2
焦点距離:16mm

望遠カメラ
絞り値:F 3.5
焦点距離:104mm
4倍光学ズーム

※Google Pixel 6 Proの焦点距離は撮影した画像のEXIF情報に記載された情報を記載

Google Pixel 6 Proのレンズは背面に3種類が横一列に並んでいる。左から「広角」「ウルトラワイド」、そして四角っぽいレンズが「望遠」となっている

実際に撮影した画像を並べて比較してみた!

カメラのスペック上の数値だけを比較してみると、F値で勝る「iPhone 13 Pro Max」のほうが明るく美しい写真が撮影できそうだ。

だが、どちらのスマホも撮影後にデジタル処理を行うので、仕上がった写真にどんな差があるのかは分からない。

そこで今回は、「花」「空」「電飾」「夜景」というシチュエーションで実際に撮影し、それぞれ画像を比較してみたいと思う。

ちなみに、今回はすべて「カメラアプリを起動してシャッターボタンを押すだけ」という条件で撮影した。

これは、ほとんどの人が撮影時にフルオートで撮影し、細かい調整をする人は少ないことを考慮したものだ。

【花】

iPhone 13 Pro Maxは、見た目より暖色系で鮮やかな写真になっている。これに対しGoogle Pixel 6 Proはやや暗めだが人の見た目に近い色味で深みもある。全体的にGoogle Pixel 6 ProのほうがiPhone 13 Pro Maxよりも再現性が高い印象だ

【空】

青空の鮮やかさや解像度は両者にあまり違いがないが、ビルはiPhone 13 Pro Maxのほうが明るくハッキリと写っている。Google Pixel 6 Proのほうは人の見た目に近く色に深みがある

【電飾】

電飾に関しては、iPhone 13 Pro Maxのほうは補正が効きすぎて色が滲んでおり、かなり人工的な印象。Google Pixel 6 Proも補正はされているが、自然な発色だ。また、Google Pixel 6 Proは石の模様がハッキリ確認できるのに対し、iPhone 13 Pro Maxのほうは潰れてしまっている

【夜景】

雪が降りしきる東京の裏路地で撮影したところ、iPhone 13 Pro Maxは電信柱が黒つぶれしているが、Google Pixel 6 Proのほうは細部までハッキリと再現できている。また、壁の色もGoogle Pixel 6 Proに比べてiPhoneのほうは影が濃く、細部は黒くつぶれてしまっている

まとめ

いかがだっただろうか? どちらのカメラも、フルオートで撮影しても十分に美しい写真を撮影できた。気になる風景などを、サッと撮影するならどちらも満足できる仕上がりだろう。

実際に撮影した写真を比較してみると、見た目より明るく、やや人工的に色鮮やかに補正する「Google Pixel 6 Pro」と、見た目に近く違和感を感じさせない程度の補正をかけている「iPhone 13 Pro MAX」といった印象だ。

撮った写真をそのままSNSなどにアップするならiPhone 13 Pro MAXがおすすめだが、あとから加工する素材としてはGoogle Pixel 6 Proのほうが優れていると感じた。

これまで、カメラと言えばiPhone一択という印象だったが、この結果を見れば「Androidだって決して負けてない!」という印象を持った人も多いのではないだろうか?

ちなみに、Google Pixel 6 Pro(128GB)は公式サイト価格11万6,600円、iPhone 13 Pro Max(128GB)は、公式サイト価格13万4,800円なので、価格差を考えるとGoogle Pixel 6 Proのコスパの良さが光る結果となった。

●Apple「 iPhone13 Pro/Pro Max」(公式)→こちら
●Google「Google Pixel 6 Pro」(公式)→こちら

文=すずきあきら/編集・ライター

「iPhone 13 Pro Max」と「Google Pixel 6 Pro」のカメラ性能を比較、結局どっちが美しい!?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidiPhone 13 Pro MaxPixel 6 Pro】の最新ニュースをいち早くお届けします。