大手キャリア&サブブランド満足度調査、3位「UQモバイル」2位「LINEMO」1位は?

ここ数年、格安スマホの認知度や契約者数が上がっているとはいえ、やはり大手キャリアとそのサブブランドへの信頼感は依然として高い。楽天モバイルが独自回線を有するキャリアの仲間入りをして約1年。MMD研究所は3月14日「2022年3月MNOの満足度調査」を発表した。現在、大手キャリアとそのサブブランド9社のなかで利用者の「満足度」が高いのはどこなのだろうか。

利用者は「月額料金の安さ」を最も重視している

月額料金の安さを重視する声が多い(「MMD研究所」調べ)

MMD研究所は2022年2月14日~2月16日の期間に大手キャリア(MNO)とそのサブブランドなどを利用している18歳~69歳の男女1,800人を対象に「満足度調査」を実施した。調査対象となった通信サービスは4大キャリア(ドコモ・au・ソフトバンク・楽天モバイル)と、「ahamo」「povo」「LINEMO」「ワイモバイル(Y!mobile)」「UQモバイル」の大手キャリアのサブブランドの計9ブランドだ。各通信サービスを利用している200人ずつに「料金部門」「サービス部門」「通信品質部門」「顧客サポート部門」の4部門での満足度を聞いた。

利用しているキャリアのサービスで最も重視している点は「月額料金の安さ」で58.1%と群を抜いて多かった。そして「料金プランの分かりやすさ」が11.7%と続く。月額料金、料金プランはどちらも「料金部門」の項目に入っている理由なだけに、総合満足度と重視する点との関係性に興味深い結果となった。

総合満足度1位は楽天モバイル

料金部門のトップ3がそのまま総合満足度に反映される結果に(「MMD研究所」調べ)

「総合満足度」のランキングでは、総合満足度トップに輝いたのは楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」となった。Rakuten UN-LIMIT Ⅵは部門別でも「料金部門」「サービス部門」で1位を獲得している。特に「料金部門」では1,240点を獲得。同部門2位となった「LINEMO」の1,168点、3位「UQモバイル」の1,154点といった得点と比べても圧倒的である。やはり、使ったデータ量で料金が変わる「従量制プラン」は料金面では高い評価を得られているようだ。しかし「通信品質部門」では他とは大きく離されての9位。今後はここが大きな課題となるだろう。

そして総合満足度2位は「LINEMO」、3位は「UQモバイル」という結果に。この2ブランドは「料金部門」でもそれぞれ2位と3位。「料金部門」のトップ3が総合満足度とまったく同じ結果となり、利用料金は満足度に直結していることがわかる。逆にデータ通信速度や繋がりやすさ、セキュリティの信頼性を聞いた「通信品質部門」は楽天モバイルが9位、LINEMOは4位、UQモバイルは5位と総合満足度の順位とかけ離れた結果となり、利用者にはそれほど重視されていない様子がうかがえた。

一方でドコモ、au、ソフトバンクの“3大キャリア”は総合満足度で7~9位と下位を独占してしまう不名誉な結果に。しかも6位の「ahamo」と7位のauのポイント差は100点と大きな差がある。また、部門別の順位でも上位に入ったものはほとんどなかった。

今後キャリア本体は衰退していき、オンライン専用プランやサブブランドなどキャリアグループ全体での勝負になるかもしれない。

出典元:MNOの総合満足度は「Rakuten UN-LIMIT Ⅵ」、NPSは「LINEMO」がトップ【MMD研究所

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

大手キャリア&サブブランド満足度調査、3位「UQモバイル」2位「LINEMO」1位は?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidahamoauLINEMOUQモバイルY!mobileソフトバンクドコモ楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。