【Windows 10】ショートカットでPCをシャットダウンする方法!

Windows 10をシャットダウンする方法には、通常のシャットダウン方法以外にも使えるショートカットがいくつかある。この記事では、キーボード操作やアイコンの作成をしてWindows 10をショートカットでシャットダウンする方法について解説する。

【Windows 10】ショートカットキーでシャットダウンする方法

Windows 10をシャットダウンさせるためのショートカットキーは2種類ある。

・Alt+F4

ブラウザなどのアプリのウィンドウが開いていない場合、デスクトップの画面上で「Alt + A4」のショートカットキーを押す。

ショートカットキーでシャットダウンする方法1

「Alt + A4」のショートカットキーを押す

するとシャットダウン画面が表示される。

ショートカットキーでシャットダウンする方法2

シャットダウン画面で「シャットダウン」を選択して「OK」をクリックする

するとWindows 10がシャットダウンする。このショートカットキーを使うときには、デスクトップ画面上で必ずショートカットキーを押すように注意しよう。ブラウザやWordなどのアプリやファイルのウィンドウ上で押すと、アプリやウィンドウを閉じるためのショートカットキーとなる。

保存が必要なアプリでは保存の確認画面が表示されるが、ブラウザはすぐに画面が閉じてしまうので注意が必要だ。

・Ctrl+Alt+Delete

こちらのショートカットキーはブラウザなどのアプリやウィンドウを開いていてもシャットダウンできる。

ショートカットキーでシャットダウンする方法3

「Ctrl + Alt + Delete」のショートカットキーを押す

すると画面が青い画面のログオフ画面になる。この画面の右下の電源ボタンからシャットダウンできる。

ショートカットキーでシャットダウンする方法4

ログオフ画面の右下の電源ボタンからシャットダウンする

【Windows 10】ショートカットキー以外でシャットダウンする方法

Windows 10をショートカットキー以外でシャットダウンする方法は次のとおりだ。

【方法①】スタートメニューからシャットダウンする

スタートメニューからシャットダウンできます。

ショートカットキー以外でスタートメニューからシャットダウンする方法

Windows 10の「スタート」>「電源ボタン」>「シャットダウン」の順にクリックする

【方法②】キーボードからシャットダウンする

紹介したショートカットキー以外にも、キーボード操作だけでシャットダウンする方法もある。次の順番にキーボード操作を行う。

ショートカットキー以外でキーボードからシャットダウンする方法1

キーボードで「Windows + X」を押す

ショートカットキー以外でキーボードからシャットダウンする方法2

スタートの右クリックメニューが表示される

ショートカットキー以外でキーボードからシャットダウンする方法3

キーボードの「U」を押す

ショートカットキー以外でキーボードからシャットダウンする方法4

「シャットダウンまたはサインアウト」のメニューが表示される

ショートカットキー以外でキーボードからシャットダウンする方法5

キーボードの「U」を押す

するとWindows 10がシャットダウンする。

【方法③】タイマーからシャットダウンする

毎日決まった時間にシャットダウンするように設定することもできる。

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法1

Windows 10の「スタート」から「Windows管理ツール」>「タスクスケジューラ」とクリックする

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法2

タスクスケジューラが起動したら「基本タスクの作成」をクリックする

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法3

自分でわかりやすいように名前と説明を入力して「次へ」をクリックします

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法4

シャットダウンをタイマーで実行する頻度を選択して「次へ」をクリックする

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法5

シャットダウンする時間を設定して「次へ」をクリックする

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法6

「プログラムの開始」を選択して「次へ」をクリックする

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法7

「プログラムスクリプトに「shutdown」、引数の追加に「/s /f 」と入力して「次へ」をクリックする

ショートカットキー以外でタイマーからシャットダウンする方法8

名前などを確認したら「完了」をクリックする

【方法④】電源ボタンからシャットダウンする

PC本体の電源ボタンにシャットダウンを割り当てることもできる。

ショートカットキー以外で電源ボタンからシャットダウンする方法1

Windows 10の「スタート」を右クリックして「電源オプション」をクリックする

ショートカットキー以外で電源ボタンからシャットダウンする方法2

「電源の追加設定」をクリックする

ショートカットキー以外で電源ボタンからシャットダウンする方法3

「電源ボタンの動作を選択する」をクリックする

ショートカットキー以外で電源ボタンからシャットダウンする方法4

「電源ボタンを押したときの動作」で「シャットダウン」を選択する

これで電源ボタンを押すとPCがシャットダウンされるようになる。

【方法⑤】検索ボックスからシャットダウンする

検索ボックスにコマンドを入力することでシャットダウンすることもできる。

ショートカットキー以外で検索ボックスからシャットダウンする方法

Windows 10のタスクバーの検索ボックスに「shutdown /s /t 0 /hybrid」と入力する。検索結果をクリックするとシャットダウンできる

【方法⑥】スライドからシャットダウンする

Windows 10をタブレットモードで利用している場合には、スライドバーのスライドでシャットダウンできるように設定することもできる。

エクスプローラーから「C:\Windows\System32」を開き、「SlideToShutDown.exe」というファイルを見つけよう。

ショートカットキー以外でスライドからシャットダウンする方法

エクスプローラーで「SlideToShutDown.exe」と検索すると見つかる

見つかった「SlideToShutDown.exe」のファイルをダブルクリックして実行する。すると、「スライドしてPCをシャットダウンします。」と表示されて、マウスや指で画面をスライドしてシャットダウンできるようになる。

【方法⑦】サインアウトした後にシャットダウンする

サインアウトした後にシャットダウンすることもできる。

ショートカットキー以外でサインアウトした後にシャットダウンする方法1

Windows 10の「スタート」を右クリックして「シャットダウンまたはサインアウト」>「サインアウト」とクリックする

ショートカットキー以外でサインアウトした後にシャットダウンする方法2

サインアウト後の画面に表示される電源ボタンからシャットアウトする

【Windows 10】デスクトップ画面にシャットダウンのショートカットを作成する方法

Windows 10ではクリックするだけで簡単にシャットダウンするためのショートカットアイコンを作ることもできる。シャットダウンするためのショートカットアイコンの作成方法は次のとおりだ。

デスクトップ画面にシャットダウンのショートカットを作成する方法1

デスクトップ上のなにもないところで右クリックして「新規作成」から「ショートカット」を選択する

デスクトップ画面にシャットダウンのショートカットを作成する方法2

項目の入力ボックスに「shutdown -s -f -t 0」と入力して「次へ」をクリックする

デスクトップ画面にシャットダウンのショートカットを作成する方法3

ショートカットにわかりやすい名前をつけて「完了」をクリックする

デスクトップ画面にシャットダウンのショートカットを作成する方法4

デスクトップ上にシャットダウンのショートカットが表示される

作成したショートカットアイコンをダブルクリックするとWindows 10のパソコンがシャットダウンされる。注意として、うっかりダブルクリックしてしまっただけでもシャットダウンされてしまうことに注意しよう。

アイコン画像を変更するときには、ショートカットアイコンを右クリックして「プロパティ」の「アイコンの変更」から変更できる。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Windows 10】ショートカットでPCをシャットダウンする方法!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方シャットダウンショートカット】の最新ニュースをいち早くお届けします。