【Galaxy】国内初のSIMフリーモデル M23 5Gはコスパ最強!“高コスパスマホ”の地位を奪えるか?

今や私たちの生活に欠かせない存在であるスマートフォン。つい高い性能を求めてしまうが、値段も同じように高くなるジレンマ。誰もが1度は悩まされたのではないだろうか。

なんと値段が手ごろで、かつスペックの高いスマートフォン、手に入るチャンスがそこまで来ている。サムスンがGalaxy国内初導入となるSIMフリーモデル「Galaxy M23 5G」を発表したのだ。

これまでのGalaxyシリーズとの違いは何なのか、じっくり紹介していく。

5Gにも対応!日本初導入「Galaxy M23 5G」はここが凄い

あると嬉しい機能が多数(画像は「Galaxy」公式サイトより引用)

それでは、今回販売が決定した「Galaxy M23 5G」の性能をみていこう。

搭載されたトリプルカメラは、メインカメラは5,000万画素の高解像度。800万画素の超広角カメラでは、人の視野角と同等の123°の画角撮影が可能だ。200万画素マイクロカメラはより細部まで美しく撮影することができる。

また、多様なエフェクトを施せる「ファンモード」や、ワンタップするだけで10秒ほどの動画撮影から自動で、ベストショットを抽出してくれる「シングルテイク」などもあり、これまでの製品に引けを取らない高性能な機能が多数搭載されている。

(画像は「Galaxy」公式サイトより引用)

処理能力の高さもアピールポイントだ。オクタコアの「Snapdragon® 750G Mobile Platform」を搭載し、高性能CPUと6GBのRAMによって安定した高速処理を実現する、と公式ページでも謳っている。それに加え、第5世代移動通信システム「5G」にも対応。より高速な通信を可能にし、動画もゲームもよりいっそう楽しめることだろう。

バッテリーは5,000mAhの大容量を搭載。短時間で充電可能な25Wの急速充電にも対応しており、充電切れの心配はないだろう。

高性能かつ高コスパ!Galaxy旋風が巻き起こる?

洗練されたデザインも魅力的

画像は(Amazon.co.jp)より引用

そしてなんといっても、この高スペックなスマートフォンが4万円ちょっと(Amazonでは40,975円(税込、以下同)、2022年4月12日時点)というのも特筆すべきポイントだろう。エントリーモデルと同程度の価格で、ミドルレンジモデルやハイエンドモデルにも引けを取らない性能を持つ、という抜群のコスパで、人気になる可能性も大いにあるだろう。

加えてSIMフリーモデルである点も、キャリアの制約を受けずに自由に選べる点で、ユーザーが増加してもおかしくない。

高コスパといえば、日本で圧倒的なシェアを誇るiPhoneの中でもコスパの良さで高い支持を集める「iPhone SE」シリーズだが、3月に発表・発売された「iPhone SE(第3世代)」は、公式オンラインショップで57,800円~と“思っていたよりも高かった”ため、一部ユーザーからはため息も漏れていた。

はたしてGalaxy M23 5Gは、iPhone SEシリーズから“高コスパスマホ”の地位を奪い、日本国内でのGalaxyのシェアを伸ばすことができるだろうか。今後の展開にも要注目だ。

●Galaxy M23 5G(ギャラクシーM23 5G)【Galaxy

※サムネイル画像は(Image:「Galaxy」公式サイトより引用)

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

【Galaxy】国内初のSIMフリーモデル M23 5Gはコスパ最強!“高コスパスマホ”の地位を奪えるか?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidGalaxy M23 5GSIMフリーサムスン】の最新ニュースをいち早くお届けします。