【メルカリ】配送料最大150円値上げの発表に、サービス離脱を検討するユーザーも

フリーマーケットアプリ大手のメルカリが、メルカリ便の値上げに踏み切った。新たな配送料金は6月16日から適用され、値上げ幅は最大で150円にのぼるという。近年はさまざまな物価の上昇などもあり多くの分野で値上げラッシュが続いているだけに、今回のメルカリの決断を容認する声もあるが、やはり「受け入れられない」ユーザーも多いようだ。

今回はメルカリ便値上げと、その余波についてお伝えしていきたい。

メルカリ、6月からの配送料金値上げを発表

メルカリ便の配送サービス利用料を改定(2022年6月16日(木)正午より)1

(画像は「メルカリびより」公式サイトより引用)

メルカリ便の配送サービス利用料を改定(2022年6月16日(木)正午より)2

気軽に使える「ネコポス」も175円から210円へと値上がりしている(画像は「メルカリびより」公式サイトより引用)

メルカリは5月16日、公式ブログ「メルカリびより」やTwitter上で配送サービス利用料金の改定を発表した。改定が行われるのはメルカリの「らくらくメルカリ便」「ゆうゆうメルカリ便」やメルカリShopsの料金。らくらくメルカリ便・メルカリShopsの「宅急便140サイズ」が1,300円(税込、以下同)から1,450円に上がるなど、最大150円の値上げとなる。

改定は、6月16日に行われ「午前11:59:59以前」に購入した商品は旧料金が、「午後00:00:00(正午)以降」の購入商品には新料金が適用されるという。出品が改定以前でも購入のタイミングによって送料が変わってくることとなるため、日頃出品しているメルカリユーザーは注意が必要だ。

また、メルカリは今回の値上げを「物価上昇などの社会情勢を総合的に鑑みた結果」だと説明。「メルカリ便配送サービスを継続しつつ、お客さま体験を一層良くしていく為の配送サービス利用料の改定でございますことを、ご了承いただきますようよろしくお願いいたします」と、ユーザーに対して理解を求めた。

【メルカリ】配送料最大150円値上げの発表に、サービス離脱を検討するユーザーものページです。オトナライフは、【ヘルス・ライフフリマアプリメルカリメルカリShops】の最新ニュースをいち早くお届けします。