【iPhone・Android】世界のOSシェアはAndroidが圧倒的優勢、一方で日本はApple一強時代が続く

世界40カ国を対象とした調査で、2022年4月時点のモバイル(スマートフォン)における各国主要OS・機種シェアが明らかになった。iOSを搭載するiPhoneシリーズと、サムスンをはじめとしたAndroid OSを搭載する各種Androidスマホだが、世界の事情とは異なり日本のiOSシェアは相変わらずの強さを見せる結果となった。国内で行われた別の調査では、両者がついに形勢逆転かと思われる結果も出ていたが、まだまだアップルの一強時代は続きそうだ。

日本ではやはりiOSが強い結果に

各国の機種シェア率1

(​「アウンコンサルティング株式会社」調べ)

各国の機種シェア率2

(​「アウンコンサルティング株式会社」調べ)

各国の機種シェア率3

(​「アウンコンサルティング株式会社」調べ)

各国の機種シェア率4

iOSの世界シェアは27.61%程度に留まっており、日本とのギャップを感じる(2022年4月時点)(​「アウンコンサルティング株式会社」調べ)

日本のスマホ市場では、やはりiPhoneのほうが強いのだろうか。そのような調査結果が明らかになった。グローバルコンサルティング業を展開するアウンコンサルティング株式会社は、世界40カ国を対象に、2022年4月時点のモバイル市場における各国の主要OS・機種シェアについて調査を実施し、5月17日にその結果を世界のOSシェアを見てみると「Android」が71.66%、そして「iOS」が27.61%とAndroidスマホがやはり圧倒的に優勢だ。しかし日本に限ってみれば「Android」が34.21%、「iOS」が65.63%とほぼ真逆の比率であり、いまだ3台に2台はiPhoneがという結果になっている。

かねてより言われている、日本のスマホシェアの“ガラパゴス化”は相変わらずのようだが、日本国内で行われた最近の調査ではこの“iPhone神話”がついに覆されたという結果も出ている。

【iPhone・Android】世界のOSシェアはAndroidが圧倒的優勢、一方で日本はApple一強時代が続くのページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone】の最新ニュースをいち早くお届けします。