楽天モバイル1GBまで0円廃止でも、そのまま使い続けたほうがいい人の条件とは?

楽天モバイルは月1GBまで0円の現行プランを2022年6月末で廃止する。これにより7月1日からは最低でも月額1,078円の利用料がかかるため、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したりpovo2.0やIIJmioなどに乗り換える事態となった。しかし、楽天モバイルをメイン回線として使用している人はそんなに慌てる必要はない。そこで今回は、どのような人ならそのまま楽天モバイルを使い続けたほうがお得なのか、その条件を検証してみよう。

楽天モバイルは今でも5G対応高速回線の無制限プランとしては最安値クラス!

2022年5月13日、楽天モバイルは突然月1GBまで0円のプランを6月末で廃止、2022年7月1日からは新プラン「Rakuten UN-LIMIT VII」を導入すると発表した。楽天モバイルの新プラン導入についてはこちらの記事で詳しく解説している。

しかも、既存ユーザーは全員強制的に新プランに移行されてしまうため、最低でも月額1,078円を支払う必要が出てきた。これにより、楽天モバイルを0円運用してきたユーザーは、一斉に解約したり他社へ乗り換える騒ぎとなったのである。

だが、少し待ってほしい。楽天モバイルをメイン回線として使用している人なら、必ずしも楽天モバイルから離脱することはない。むしろ、そのまま残ったほうがお得になる人もいるのだ。

まず、今回の料金プラン改定で支払いが発生するのは、これまで0円運用していた人だけ。データ通信量を月1GB以上使用している人なら、基本的に料金に変更はない。

もちろん、月3GBまで月額1,078円という料金は最安値ではないので、この機会にさらに安い格安SIMなどに乗り換える人もいるだろう。それでも、楽天モバイルなら月20GB以上は無制限となり月額3,278円で利用できるのが大きな魅力となっている。

もし、YouTube動画などをスマホで見まくっているような人であれば、5Gも使える高速回線の無制限プランとしては最安値クラスである楽天モバイルは、今後もかなり魅力的なのだ。

20GB以上なら月額3,278円で無制限は現状では最安値クラスの「Rakuten UN-LIMIT VII」

7月からの新プランで変わったのは月1GBまで0円という部分だけ。しかも、20GB以上なら無制限で月額3,278円は現状でも最安値クラスである(画像は「楽天モバイル」公式サイトより引用)

楽天モバイル1GBまで0円廃止でも、そのまま使い続けたほうがいい人の条件とは?のページです。オトナライフは、【iPhone&Android楽天楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。