Windows 10で「ワークグループ」の設定方法や注意点を解説!

Windows 10でワークグループを新しく設定したい場合にはどのような手順で設定すればいいのだろうか。この記事では、ワークグループとはどのようなもので、Windows 10でのワークグループの設定方法や注意点、ワークグループに接続できないときの対処法を解説する。

Windows 10のワークグループとは?

Windows 10ではワークグループに参加することができる。Windows 10のワークグループとは、同じネットワーク上にあるコンピュータで構成されるネットワークのことである。同じワークグループ内のコンピュータ同士なら、ファイルやプリンターの共有を簡単に行える。

この記事では、Windows 10のワークグループの設定方法とはどのようなものなのか、詳しく解説する。

Windows 10で「ワークグループ」を設定する方法

Windows 10でワークグループを設定する方法を具体的に手順を追って解説する。

【手順①】[Windowsの設定]を開いて[システム]をクリック

Windows 10でのワークグループの設定はWindows 10の「設定」で行う。

【手順①】[Windowsの設定]を開いて[システム]をクリック1

Windows 10の「スタート」をクリックして「設定」を開く

【手順①】[Windowsの設定]を開いて[システム]をクリック2

Windows 10の「設定」メニューの一覧の中から「システム」をクリックする

【手順②】[詳細情報]をクリックし[このPCの名前を変更(詳細設定)]をクリック

Windows 10の「設定」で「システム」を開いたら「詳細情報」に入って操作を続ける。

【手順②】[詳細情報]をクリックし[このPCの名前を変更(詳細設定)]をクリック1

「システム」の左ペインで「詳細情報」をクリックする

【手順②】[詳細情報]をクリックし[このPCの名前を変更(詳細設定)]をクリック2

「関連設定」のところにある「このPCの名前を変更(詳細設定)」をクリックする

なお、「デバイスの仕様」のところにある「このPCの名前を変更」ではないので注意しよう。

【手順③】[コンピュータ名、ドメインおよびワークグループの設定]にある[変更]をクリック

「このPCの名前を変更(詳細設定)」をクリックすると「システムのプロパティ」が開く。ここからワークグループを設定するための画面に入っていこう。

【手順③】[コンピュータ名、ドメインおよびワークグループの設定]にある[変更]をクリック

「コンピューター名」のタブを開く。「コンピューター名を変更したりドメインに参加したりするには[変更]をクリックしてください」の右側にある「変更」をクリックする

【手順④】[コンピューター名/ドメイン名の変更]にある[ワークグループ]にチェック

コンピュータ名、ドメイン名の変更画面が開く。ここからワークグループへの参加を設定する。

【手順④】[コンピューター名/ドメイン名の変更]にある[ワークグループ]にチェック

「所属するグループ」で「ワークグループ」にチェックを入れる

【手順⑤】ワークグループ名を入力し[OK]をクリック

設定するワークグループ名を入力しよう。

【手順⑤】ワークグループ名を入力し[OK]をクリック

ワークグループ名の入力ボックスに新しく設定するワークグループ名を入力して「OK」をクリックする

【手順⑥】[OK]をクリックし再起動を行う

ワークグループの設定ができるとようこそ画面が表示される。

【手順⑥】[OK]をクリックし再起動を行う1

ようこそ画面が表示されたら「OK」をクリックする

【手順⑥】[OK]をクリックし再起動を行う2

再起動の案内画面が表示される。「OK」をクリックして閉じる

なお、この画面を閉じてもPCは再起動されない。開いているファイヤアプリを閉じてPCを再起動する準備が整ったら再起動しよう。再起動後に作成したワークグループを利用できるようになる。

ワークグループ名で使用できる文字や文字数と注意点

ワークグループ名を設定するときに、使う文字と文字数についての注意点がある。まず、ワークグループ名をつけるときの文字は半角英数字を利用しよう。日本語でもワークグループ名を設定できるが、日本語のワークグループ名はネットワークの一覧に表示されないことがある。

半角英数字なら問題なく表示されるので、ワークグループ名は必ず半角英数字の文字を利用しよう。また、記号を使う場合には「-」(ハイフン)だけ利用できる。その他の記号は利用できないので注意しよう。

もう一つの注意点は文字数についての注意点である。ワークグループ名を付けるときには、15文字以内にしよう。

Windows 10でアップグレード後に「ワークグループ」に接続できない場合の対処法

Windows 7やWindows 8からWindows 10にアップグレードしたあと、それまで接続できていたワークグループに接続できないことがある。基本的なWindowsの設定やファイルなどは保持したままアップグレードしているはずなのに、ワークグループに接続できなくなる理由はワークグループ名にある。

Windows 10にアップグレードしたときに、参加しているワークグループ名がWindows 10でデフォルトで設定されている「WORKGROUP」で設定されてしまうことがある。

ワークグループを設定するときの手順で、ワークグループ名を設定する画面を開いて、設定されているワークグループ名を確認してみよう。もしも「WORKGROUP」と入力されていたら、本来参加しているはずのワークグループ名へ変更すれば大丈夫だ。

オトナライフ編集部
iPhone・Android・SNS・パソコン関連・キャッシュレス、QRコード決済など、さまざまな情報を独自の視点や切り口で発信するニュースサイト
Twitter:@otonalife

生活をもっと楽しく刺激的にする[オトナライフ]

Windows 10で「ワークグループ」の設定方法や注意点を解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネスWindows 10Windows 10の使い方ワークグループ】の最新ニュースをいち早くお届けします。