ドコモがiPhoneの箱に「ゴム印・名前」の転売防止策で、中古店での買取価格はどうなる?

NTTドコモは、2022年6月3日からドコモショップや家電量販店などにおいて、人気のiPhoneを割引価格で購入するときは、箱に名前を書くかショップのゴム印を押すことを要請している。これを拒否すると割引は受けられないそうだ。これは転売防止策とみらているが、いったいどういうことなのか? 実際に、箱に名前があるとiPhoneの買取価格はどのくらい下がるのだろうか……。

ドコモが6月3日から、iPhoneの箱に名前を記入するかショップのゴム印を押す転売防止策を開始!

最近ネット上では、ドコモで人気のiPhoneを割引価格で購入するとき、箱に名前を書くか、それが嫌な人はドコモショップのゴム印を押すことを要請されるという噂が広まっている。

Twitterでは、実際にドコモショップの店舗名が書かれたゴム印を押された箱の画像などが投稿されている。

ドコモショップにあった転売禁止のため張り紙

実際に筆者の近所のドコモショップにあった張り紙。転売禁止のために箱に名前を記入することが割引適用の条件となっている(筆者撮影)

どうしてドコモが箱の記名を要請する事態になったのか?

それにしても、どうしてドコモがこのような転売防止策を行うことになったのだろうか?

そもそも、大手キャリアでは2年の長期契約をすることでスマホを大幅に安く購入できる「抱き合わせ販売」が当たり前だった。

2006年に電話番号を維持したままキャリアを乗り換えられる「MNP(携帯番号ポータビリティ)」が実施されると、他キャリアからの引き抜き合戦が活発になる。

さらに、2014年頃には「スマホは一括0円」「家族4人でMNP乗り換えすると20万円キャッシュバック」といった過剰なキャンペーン合戦が繰り広げられ、社会問題に発展してしまう。

家族4人でMNP乗り換えすると20万円もキャッシュバック

かつて大手キャリアでは、家族4人でMNP乗り換えすると20万円もキャッシュバックされるという、とんでもないキャンペーンが実施されていた

そこで、2019年には電気通信事業法が改正され、「SIMと通信契約とスマホは分離して販売」や「スマホとSIMの通信契約をセットで販売する場合の値引きは額2万円まで」といった規制が行われることになった。

そのため、現在では大手キャリアの店舗や家電量販店のキャリア販売コーナーでは、SIMの通信契約なしでもスマホの単体購入を拒めない状況なのである。この辺りの事情はこちらの記事で確認してほしい。

つまり、ドコモショップにおいて転売目的でSIMの通信契約をせず、iPhoneのみを割引価格で購入。そのまま新品未使用で中古スマホ店やフリマで転売する者が続出することになったわけだ。

もちろん、転売するときは新品に近い状態のほうが高く買い取ってもらえるので、今回のドコモの措置は、それを防止するための裏技と言える。

ドコモがiPhoneの箱に「ゴム印・名前」の転売防止策で、中古店での買取価格はどうなる?のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidMNPドコモ転売】の最新ニュースをいち早くお届けします。