「iOS 16」人気のiPhone 7が対象外に! 中古スマホに価格変動の可能性も

年1回、9月に行われるのが恒例となっているiOSのメジャーアップデート。2022年も新たに「iOS 16」がリリースされるようだ。今回のiOS 16へのアップデートに対応する機種は「iPhone 8」以降のモデルとなり、「iPhone 7」をはじめとする5機種が対象外となった。iPhone 7の愛用者はいまだに多く、中古市場でも人気の機種。それがアップデートから外されると、今後のiPhoneの需要に変化が起きる可能性も高いのではないだろうか。

ロック画面と音声入力に注目! iOS 16の主な新機能は

過去最大のアップデートが行われたiOS 16

「過去最大のアップデートが行われた」とされたロック画面(画像は「Apple」公式サイトより引用)

アメリカのアップルは現地時間2022年6月6日にiOS 16を正式に発表し、同年秋に一般提供を開始するとした。毎年9月にリリースされており、今回も例年通り9月頃ではないかと予想されている。

同社の説明によるとiOS 16は「ロック画面に過去最大のアップデートが行われた」とのことで、ロック画面のカスタマイズ機能が強化されている。複数のロック画面の使いわけができるようになるほか、ウィジェットの追加や、時計のフォントや色が変更可能になり、通知はロック画面に設定された画像を隠さないデザインに。さらにメッセージやメールアプリでは送信済メッセージの編集、削除ができるようになる。

また、ユーザーが期待しているのは音声入力機能の向上だ。句読点や絵文字に対応し、音声入力時もキーボードが開いたままになるので、音声とタッチ入力の同時進行で編集できる新機能が嬉しいと、喜びの声が上がっている。他にも、ヘルスケアアプリに「服薬」が加わり、スケジュールとリマインダーを作成や薬、サプリメントの服用を記録できるようになる。これは今後、健康管理が必要になってくる世代にとっては注目の機能になりそうだ。

「iOS 16」人気のiPhone 7が対象外に! 中古スマホに価格変動の可能性ものページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAppleiOS 16中古スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。