2022年5月の中古スマホランキング、iOS 16の発表で影響は?【にこスマ調べ】

近年のスマートフォンは、大型化・ハイスペック化が進み新品価格はどんどん価格が上がっており、今後は世界情勢や円安などの影響を受けて、さらなる値上がりすらあり得る状況だ。そのようなご時世もあってか、現在中古スマホ市場が活気づいている。SIMフリーの中古スマホを買い、キャリアの新プランなどで利用料金を抑え、格安で快適なスマホ生活も容易に叶うようになってきた。

今回は2022年5月の中古スマホの販売数を紹介しながら、今後の展望などについて考えてみたい。

安定のiPhoneランキングだかiOS 16リリース発表での影響は?

相変わらずiPhoneが安定して上位を占めている
(​株式会社Belong「にこスマ」調べ)

2022年6月7日、株式会社Belongは、同社が運営する中古スマートフォン販売「にこスマ」における2022年5月の「中古スマホ/機種別販売数ランキング」を発表した。前月と変わらずiPhoneの人気は高く、上位を独占した。販売数ランキング3位となったのは、「iPhone 6s(32GB)」だ。2015年の発売から7年ほどたっているにもかかわらずiPhone 6sシリーズは根強い人気で、今回も3位と5位(16GB)にランクインしている。

そして、第2位「iPhone 7(32GB)」、第1位「iPhone 8(64GB)」は前月ランキングと変わらず。不動のトップ2の安定した人気が証明された。しかし、2位・iPhone 7は、2022年秋リリースといわれる「iOS 16」のアップデート対応機種ではないことが判明。今後、ランキング上位から陥落する可能性もあるだろう。しかし指紋認証「Touch ID」機能の愛用者は多く、中古市場でTouch ID搭載モデルの需要はいまだに高い。そのあたりのバランスがどうなるかがポイントとなりそうだ。

そして、前月に引き続き1位に輝いたiPhone 8はiOS 16のアップデート対応機種。今後も安泰の人気が続くことになりそうだ。また「iPhone SE(第3世代)」の発売の影響とiOS 16非対応の発表受けて、「iPhone SE(第1世代)」の市場は「iPhone SE(第2世代)」に取って代わることになるかもしれない。

iOS 16のアプデ対象外となった人気のiPhone 7

iOS 16のアプデ対象外となった人気のiPhone 7。今後の中古市場の動向が気になる(画像は「にこスマ」公式サイトより引用)

2022年5月の中古スマホランキング、iOS 16の発表で影響は?【にこスマ調べ】のページです。オトナライフは、【iPhone&AndroidAndroidiPhone中古スマホ】の最新ニュースをいち早くお届けします。