楽天モバイル0円廃止で人気!「nuroモバイル」のメリット&デメリット

楽天モバイルが0円プラン廃止を発表したことで、乗り換え先の有力候補となっているのが、ソニーグループの格安SIM「nuroモバイル」だ。月3GBまでなら月額792円で利用できるため、楽天モバイルより安くなる。しかし、nuroモバイルにもデメリットはある。もし、これからnuroモバイルに乗り換えるつもりなら、事前に確認しておくべきだろう。そこで今回は、nuroモバイルのメリットとデメリットについて解説したいと思う。

「nuroモバイル」は月3GB以下の人にオススメ!

楽天モバイルは、2022年6月末で0円プランを廃止することになった。これまで楽天モバイルを0円運用していた人にとっては、最低でも月額1,078円を支払うことになるので、解約するか他社に乗り換えようと考えているだろう。

そこで、楽天モバイルから有力な乗り換え先候補として注目を集めているのが、ソニーグループの格安SIM「nuro(ニューロ)モバイル」だ。月3GBまでなら月額792円で利用できるので、楽天モバイルより毎月286円ほど安くなる。

nuroモバイルはドコモ・au・ソフトバンク回線のトリプルキャリアに対応(NEOプランはドコモのみ)。AI技術で通信帯域の割り当ての効率を高めており、格安SIMのなかでは比較的速度が速く、5Gの高速回線にも無料で対応する。

とくに、月20GBの「NEOプラン」は専用帯域を利用しており高速なうえ、データ量を使い切ったあとでも最大1Mbpsで利用できる。mineoの使い放題「マイそく」が1.5Mbpsに制限した使い放題プランを提供しているが、それに近い感覚で20GBを使い切ったあともネットに接続できるのだ。

また、nuroモバイルは通話料も11円/30秒と通常の半額で利用できる。バリュープラスでは「NUROモバイルでんわ」アプリを利用する必要があるが、NEOプランはアプリを使わなくても11円/30秒になる。かけ放題プランは「5分」が月額490円、「10分」が月額880円で追加可能となっている。

何かと価格の安いバリュープラスの「VSプラン」が注目されがちなnuroモバイルだが、実はそれ以外のプランもかなり魅力的なので、このあとじっくり解説していきたいと思う。

■ソニー「nuroモバイル」の詳細

【月額基本料】792円~2,699円(月3GB~20GBまで)
※月0.2GBのデータ専用お試しプランもあり
【回線】ドコモ・au・ソフトバンク(5G対応)
※月20GBのNEOプランはドコモ回線のみ
【データ追加】1GB/550円
【制限後の速度】最大200Kbps
※月20GBのNEOプランは最大1Mbps
【Gigaプラス】VM=3GB/VL=6GB/NEOプラン=15GB
※データの付与は3カ月おき
【データ繰り越し】あり
【パケットギフト】あり
【バリューデータフリー】VN、VLプランのみ
【NEOデータフリー】NEOプランのみ
【あげ放題】NEOプランのみ
【国内通話】11円/30秒
※バリュープラスではNUROモバイルでんわを利用した場合
【通話定額オプション】
・かけ放題プラン(1回5分)月額490円)
・かけ放題プラン(1回10分)(月額880円)
【留守番電話】330円
※転送電話は無料
【初期手数料】3,740円
※NEOプランは無料
【最低利用期間】なし
【解約金】なし
【MNP転出手数料】なし

●nuroモバイル→こちら

nuroモバイル1

nuroモバイルは月3GBまでで月額792円のバリュープラス「VSプラン」が注目されているが、ほかのプランもなかなか魅力的だ(画像は「nuroモバイル」公式サイトより転載)

楽天モバイル0円廃止で人気!「nuroモバイル」のメリット&デメリットのページです。オトナライフは、【iPhone&Androidnuroモバイル格安SIM楽天モバイル】の最新ニュースをいち早くお届けします。