「絶対パス」と「相対パス」の違いや、それぞれのメリット・デメリットを解説!

PC上でファイルを探すときやプログラミングを学ぶときに、絶対パスや相対パスという言葉を使うことがある。絶対パスや相対パスとはどのようなもので、どのような違いがあるのだろうか。この記事では、絶対パスと相対パスの違いとはどのようなものなのか、詳しく解説する。

そもそも「パス」とは?

そもそも「パス」とは?

プログラミングやWeb開発をしていると、「パス」という言葉を目にすることがある。また、「絶対パス」や「相対パス」という言葉も目にする。絶対パスや相対パスとはどのような意味なのだろうか。この記事では、絶対パスや相対パスの意味や調べ方などについて詳しく見ていこう。

まずは、そもそもパスという言葉の意味はどういったものなのか解説する。

・目的のファイルがどこのフォルダに保存されているかを示す道順のこと

パスとは英語の「path(道)」のことである。パスとは、どの階層のどこのフォルダに目的のファイルが保存されているのかを表すための道順のことである。

PCにはさまざまなファイルが保存されている。そのファイルはフォルダごとに分類されて整理されている。PCのプログラムやシステム、ドキュメントなどのファイルは膨大な数になるので、フォルダもわかりやすく整理するために階層化されている。

目的のファイルにたどり着くための道順を表すための表記がパスなのである。

絶対パスと相対パスとの違い

絶対パスと相対パスとの違い

パスには絶対パスと相対パスがある。絶対パスと相対パスにはどのような違いがあるのだろうか。この2つの違いとはなにか、詳しく見ていこう。

・絶対パスとは

絶対パスとは、フォルダの最上部であるルートからファイルが保存されている場所までの経路をすべて記述したものである。ユーザーがどのフォルダで作業していても、絶対パスで表記されている場合には、常に誰が見ても同じパスになる。

・相対パスとは

相対パスとは、ユーザーが現在作業している場所を基準として目指す場所へのルートを記述する方法である。相対パスで書くときには、ひとつ上の階層を「..」と書く。URLでは階層を「/」で区切るが、相対パスでは上の階層を省略して「../」と記述できる。

相対パスの書き方ではユーザーの現在地によって書き方が異なる。誰が見ても同じ記述方法となる絶対パスとの違いは、相対パスではその時によって記述方法が変わる可能性があるという点である。

「絶対パス」と「相対パス」の違いや、それぞれのメリット・デメリットを解説!のページです。オトナライフは、【スキル・ビジネス相対パス絶対パス】の最新ニュースをいち早くお届けします。